できてしまった思春期ニキビのクレーター跡!どうにかしたい! | チルコレ

[記事公開日] 2018/01/18
[最終更新日] 2018/06/25 SatoKaede

できてしまった思春期ニキビのクレーター跡!どうにかしたい!

多くの中高生の肌の悩みの1つがニキビ!ニキビが無ければ、もっとモテるのに。。。とニキビが気になって鏡ばかりのぞいたり、勉強に身が入らなかったり。

うんうん、うちの子も!とうなずく親御さんも多いのではないでしょうか。確かにニキビ跡は治るのに時間がかかるかもしれませんが、正しいケアと生活習慣の改善で必ず良くなります

  • 目次

ニキビ跡は症状別のケアが必要

ニキビ跡には3つの症状があり、それぞれケア方法が異なります。

1. 赤みがあるニキビ跡

炎症を起こした始めた初期段階が赤ニキビです。毛穴がつまってニキビができると、アクネ菌が繁殖します。

このアクネ菌が原因で肌は炎症を起こします。炎症によって傷ついた肌を治そうと患部に集中的に毛細血管が増えるので、その部分が赤くなって見えるのです。

この段階のニキビは肌の表面上の炎症です。ここでニキビを潰してしまったりせずに炎症が真皮に達する前にケアをする事がとても大事です。

2. 茶色いシミのような色素沈着ニキビ跡

炎症したニキビを放置して置いたり、赤ニキビが治ったからと直ぐにケアを止めたりすると皮膚の深い部分で肌は傷ついた状態のままです。

肌というのは炎症や刺激などによってメラニン色素を発生させます。このメラニン色素は肌に強い刺激を与えたり、また弱い刺激であっても繰り返し与えることによって更にメラニン色素の発生を促進させることになります。

色素沈着をさせないためには紫外線を避けることも必要不可欠です。

3. 肌がデコボコしているクレーターニキビ跡

炎症を伴うニキビにより肌の奥にある真皮が傷つき、再生ができなくなったことで窪んでしまった状態が「クレーターニキビ跡」です。

クレーターニキビ跡の種類

クレーターはダメージを受けた範囲や深さによって、いくつかの種類に分けられます。

アイスピックタイプ

アイスピックで刺したような、細い穴が開いているクレーターニキビです。

表面に見える穴は2mm以下と小さいですが、真皮よりも深部まで達しているのが特徴です。

ローリングタイプ

4mm以上の穴で、横から見ると半円のような形をした緩やかな陥没が見られるタイプです。化粧だけでごまかすのが難しいのが特徴です。

ボックスカータイプ

ローリングタイプと同じく、4mm以上の穴で、箱のように四角く肌がへこむのが、ボックスカー型のクレーター跡です。クレーター跡の代表的な形です。
穴の深さには色んなバリエーションがあります。

軽い症状のクレーター跡を治す方法

生活習慣の改善

ニキビ跡を完全に治すのは長期戦です。もちろん外側からのケアも大事ですが、今後ニキビが出来にくい肌に改善していく為には内側からのケア、つまり生活習慣の改善も必要です。

1. 睡眠時間の確保

肌や内臓などの回復は寝ている間に行われます。入眠後2〜3時間はゴールデンタイムと呼ばれ、もっとも体の機能を整える成長ホルモンが分泌される時間帯です。 熟睡できるよう入眠前から心掛けましょう。

2. バランスの摂れた食事

成長期のお子様にはバランスの摂れた食事を心掛けましょう。甘いものやインスタント食品の食べすぎに注意しましょう。

特に肌に良いと言われる「タンパク質」「ビタミン群」を積極的に取り入れましょう。こちらの記事も参考にしてみてください。

ピックアップ記事

3. 適度な運動

適度な運動をして血液の流れを良くすることも大事です。新陳代謝が良くなることで肌のターンオーバーも正常になり古い角質をスムーズに排出できるようになります。

4. 紫外線対策

ニキビやニキビ跡があるときに紫外線を長時間浴びるとメラニンが発生して、茶色いニキビ跡として残りやすくなります。ニキビが出来ている肌に日焼け止めは良くないのでは?と思われますが、ニキビに日焼け止めは必須です。

肌に負担の少ないSPF20-30程度の日焼け止めクリームを使うようにしましょう。

化粧水を変える


ニキビ跡のケアにどんな化粧水を使っていますか?

毎日コツコツとケアをしているのに一向に良くならなければ、一度化粧水の成分を見直してみましょう。ニキビ跡のケアにはコラーゲンを増やす効果のある成分を配合した化粧品を使いましょう。

コラーゲンの生成を増やす効果のある成分が、ビタミンC誘導体、プラセンタ、グリコール酸です。

ニキビサイクルを断ち切る高濃度ビタミンC化粧水「セラVCローション」

セラVCローション
  • 初回限定半額 2138円
  • 通常価格 5800円

水溶性ビタミンC誘導体を7%と高配合した、皮膚科クリニック採用のさっぱりとした化粧水です。

つけた瞬間に素早く浸透するビタミンC誘導体が、ニキビの原因となる過剰な皮脂の分泌をコントロールしてテカリを抑え、ニキビのできにくい肌へ導きます。

ビタミンC誘導体は、ニキビ跡の黒ずみや凹みもケアする作用があるため、ニキビケアに欠かせない成分です。

公式サイトはこちら

クレーターニキビ跡専用「アクレケア」

アクラケア
  • お得な定期コース 4500円
  • 通常価格 8000円

アクレケアは、クレーターニキビ跡専用の美容液です。

優れた保湿力をもつ月下草エキスや、ビタミンCの含有量が世界一のカムカム、6000mlの水分をキープしてくれるヒアルロン酸、美白作用で凸凹を目立たなくしてくれる、カモミラエキス・・・・・etcなどが使われています。

なめらかな肌作りができる成分、美白効果のある成分をバランスよく配合しています。毎日の洗顔後、気になるニキビ跡部分に塗るだけなのでとっても簡単です。

公式サイトはこちら

ピックアップ記事

赤ニキビ跡に最適!「リプロスキン」

リプロスキン
  • 初回限定 2240円
  • 通常価格 5600円

肌表面の角質をやわらかくし、奥深くまで浸透し、肌のターンオーバーを改善する効果があります。

石油系界面活性剤・香料・着色料・鉱物油・パラベンが不使用なので、敏感肌の方でも安心して使用できます。クリニックに治療に通うお金や時間のない方、是非一度お試しください。

公式サイトはこちら

ピックアップ記事

完全に治療することは難しい

症状が悪化し皮膚の“真皮層”まで傷ついてしまってる場合は、スキンケアで完全に治すことは難しいかもしれません。

ただし、まだ若い10代の肌は通常ケアによりニキビ跡が目立たなくなるまで改善する事は可能です。

病院でのクレーター治療

真皮は一度傷つくと再生不可能なため、重症なクレーターニキビ跡を完全に消すためには病院で治療をする必要があります。

ケミカルピーリングによる治療

ケミカルピーリングとは、化学薬品を使って肌の表面にこびりついている古い角質を取り除き、デコボコになった肌を滑らかにすることでクレーターニキビ跡を消すという治療法です。

レーザーによる治療

レーザー治療とは、医療用のレーザーを照射することで、デコボコになった肌を滑らかにしてクレーターニキビ跡を消すという治療法です。

まとめ

ニキビ跡は一度できてしまうと、なかなか消すことが出来ません。出来てしまったニキビはなるべく早いうちに対処する事が重要です。

放置してしまうほど炎症が酷くなり肌の細胞を傷つけ、ニキビ跡を残してしまいます。

ニキビ跡の残った自分の顔を鏡で見る度に、「10代のあの頃きちんとケアをしておけばよかったな・・・」と後悔しない為にも、ニキビの原因を知り、自分の肌にあったニキビケアを毎日コツコツと気長に続けてみましょう。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード