小学生の栄養不足には「こどもバナナ青汁」がおすすめ! | チルコレ

[記事公開日] 2018/02/26
[最終更新日] 2018/04/04 jottasuke

【口コミ・評判は?】小学生の栄養不足には「こどもバナナ青汁」がおすすめ!

「牛乳は飲みたくない!」「野菜は嫌い!」そんなお子さんの好き嫌いに困っている親御さんも多いと思います。でも健康のことを考えるといろいろなものをバランスよく食べさせたいですよね。そんな時は「こどもバナナ青汁」を試してみましょう。

  • 目次

お子さんは毎日の食事きちんととれていますか?

「美味しくないから嫌!」
「絶対に食べない!」

そんなことを言って野菜を残すお子さんは少なくありません。
細かく刻んだり味付けを工夫したりしても、子どもが思うように野菜を食べてくれないと頭を抱えている親御さんも多いのではないでしょうか。

普段、お子さんはどんなものを好んで食べていますか?

肉料理は食べるけど魚は食べない。
ごはんを食べずにお菓子ばかり食べている。

もしお子さんの食生活が乱れているのであれば、健やかな成長のためにも、今日から少しずつ食生活を改善していきましょう。

現代の子どもは、昔に比べると野菜を食べなくなったと言われています。

1日に必要な野菜の量は成人で約350g程度、子どもの場合は約240gから300g程度と言われていますが、必要十分な量を摂取できていない子どもがほとんどです。

その一方で、お菓子やジュースの摂取量は年々増えており、栄養バランスの乱れが大きな問題になっています。

また、最近は朝食を食べない子どもが増えているのも問題です。

朝はどうしても食欲が無かったり、寝坊をしてしまったりして朝ごはんを食べる時間が無いというお子さんもいらっしゃるとは思いますが、健康的な食生活に朝ごはんは欠かせません。

食欲のないお子さんでも無理なく食べられるメニューにするなど工夫して、朝ごはんをしっかり食べさせてから学校に送り出しましょう。

朝ご飯からしっかりとらないと一日元気が出ない!

朝ご飯を食べないと、日中の生活にどのような影響があるのでしょうか?

一般的に朝ご飯を食べることで、体と心に次のような良い影響があるとされています。

体が温まり、元気に活動できるようになる

朝起きたばかりの体は、エネルギーが空っぽになっている状態です。
そのまま学校に行って勉強をしたり、運動をしたりしようとしても、エネルギーが無いため体が上手く動きません。

しっかり朝ごはんを食べてエネルギーを補給することで、元気よく勉強や運動に励むことができるようになります。

便秘になりにくくなる

朝ごはんを食べることで、眠っていた腸の運動が促され、便秘になりにくくなります。

満腹になるまで食べる必要はありません。コップ1杯のジュースを飲むだけでも、腸の動きが促され、便秘になりにくくなります。

太りにくくなる

私たちの体は、食事と食事の時間が開けば開くほど、脂肪を溜め込みやすくなります。

朝ごはんを食べないまま学校に行くと、お昼の給食まで何も食べられないため、食事と食事の間が開いてしまいます。

前日の7時に晩ごはんを食べたとすれば、給食まで17時間も間が開いてしまうのです。

すると、給食の栄養をどんどん溜め込んで、太りやすくなってしまいます。

「子どものころ太っていたとしても、そのうち痩せるはず」と肥満を放置しておいても、自然に痩せることはまずありません。

子どもの肥満は大人になってからも続くことが多く、肥満になることで生活習慣病を発症するリスクも高まるので、肥満にならないようしっかりと予防しましょう。

「こどもバナナ青汁」ってどんな栄養がとれるの?

こどもバナナ青汁

「なんとかして朝ごはんを食べさせたい!」と思っている親御さんは多いかと思いますが、なかなか思うように朝ごはんを食べてくれないお子さんは少なくないでしょう。

そんな時は、手軽に作れて栄養満点の「こどもバナナ青汁」を朝食代わりに飲ませてあげてください。

ほんのり甘いバナナ味で飲みやすい!

「こどもバナナ青汁」は、ほんのり甘いバナナ味で飲みやすいことからとても人気があります。

青汁というとどうしても「苦い」「青臭い」「不味い」というイメージを抱きがちですが、甘い青汁ならお子さんでも美味しく飲めるのではないでしょうか。

作り方は簡単で、1包を水に溶かすだけです。
シェイカーに入れて振るだけなので、朝の忙しい時間でも手早く用意することができます。

水に入れて溶かすだけでなく、牛乳や豆乳に溶かしても美味しく飲めます。
「こどもバナナ青汁」を混ぜることで牛乳が苦手なお子さんでも飲みやすくなるので、お子さんの牛乳嫌いが気になっている親御さんにもおすすめです。

牛乳や豆乳に溶かせばバナナ・オレ風味になり、腹持ちも良くなるので、試してみてください。

保存料、人工甘味料不使用で安心

お菓子やジュースには、たくさんの保存料や人工甘味料が使われています。
親御さんの中には、できるだけ添加物を摂らせたくないと考えている方も多いのではないでしょうか。

その点「こどもバナナ青汁」は、保存料・人工甘味料不使用で安心です。

「こどもバナナ青汁」の甘味は、サトウキビから作られた黒糖由来のものなので、味がまろやかなだけでなく、ビタミン・ミネラルが豊富で栄養面も優れています。

野菜&果物がたっぷり入って栄養満点!

「こどもバナナ青汁」には、13種類の野菜と6種類の果物が配合されています。

1包に様々な野菜・果物の栄養がギュッと詰まっているので、水や牛乳に溶かして飲むだけで、不足しがちなビタミンやミネラル、食物繊維を手軽に補えるのがポイントです。

また、おなかの調子を整える乳酸菌やビフィズス菌、栄養価の高いスピルリナも配合しています。

特にスピルリナは子どもの成長に欠かせないたんぱく質が豊富で、その吸収率も95%と非常に高いため、今注目を集めている原料です。

1日1杯で不足しがちな栄養素をしっかりと補うことができるので、ぜひこの機会に「こどもバナナ青汁」を試してみてください。

この商品について詳しく見る

こどもバナナ青汁の口コミ・評判は?

  • こどもバナナ青汁は甘くて青汁ぽさがないので、子供たちも喜んで飲んでます。最近は学校から帰ってくるなり「ママ、緑のジュースは?」とおやつがわりに青汁をせがんでます(笑)
  • 野菜の栄養もバッチリ入ってるし、娘も「おいしい!」とゴクゴク飲んでくれます。最近は青汁のおかげで苦手なニンジンを克服できたようで大変助かりました!
  • バナナの香りのするジュースです。少し水を少なめにして、氷を入れてシェイクすると冷え冷えで美味しいです♩

「青汁」と名がついていますが、お子さんがせがんでくるほど美味しく飲みやすいようですね。偏食気味のお子さんにも安心して飲めそうです。

偏りがちな栄養素をサプリメントでカバーしてあげましょう

好き嫌いが激しいお子さんや、朝ごはんがなかなか食べられないお子さんは、栄養不足になりがちです。

お子さんの健やかな成長のためにも、普段からお子さんの食生活に気を配ってあげてください。

お子さんの栄養不足が気になる時は、「こどもバナナ青汁」などのサプリメントを賢く使って、不足しがちな栄養素を補ってあげましょう。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード