【高校生】簡単に痩せるダイエット法、食事制限以外にも方法はあった! | チルコレ

[記事公開日] 2018/03/26
[最終更新日] 2018/04/09 yuyupon16

【高校生】簡単に痩せるダイエット法、食事制限以外にも方法はあった!

「最近太ってきたから」「もっと綺麗になりたいから」などの理由でダイエットをする子も多いと思います。

『ダイエット=食事制限』と思われがちですが、高校生が食事制限で痩せようとすることは危険な事でもあります。

食事制限ではなく他の方法でダイエットしてみませんか?

  • 目次

ダイエットとはいえ高校生はまだまだ成長期



高校生がダイエットをする時注意して欲しいことがあります。

それは『過度な食事制限』です!

高校生とは言ってもまだ成長過程で大人よりも多くの栄養が必要な時期です。

痩せたいからという気持ちから大人と同じように無理な食事制限をしてしまうと、高校生の体には大きな負担がかかってしまいます。

例えば、食事制限をする時「炭水化物=太る」という発想からごはんなどの炭水化物を抜けば良い。と思われがちですが、炭水化物に含まれている糖質は「脳が働くためのエネルギー源」であり大切な成分です。

糖質が不足してしまうと、集中力が切れたり、やる気が出ないなどの精神疾患の原因にもつながることもあり、成長期にはしっかりと糖質を摂取する必要があります。

またカルシウムやたんぱく質の不足は骨や筋肉の成長に影響が出てしまうことも考えられます。

このように過剰な食事制限は単に栄養バランスが崩れやすくなるだけではなく、怪我や病気になりやすくなったり、心の成長にまで影響が出てしまう恐れもあるので、食事制限によるダイエットはオススメできません。

女子高校生のあなたは特に注意して!

また特に注意して欲しいのが女子高校生です。高校生になると「体がふっくらとしてきた=太った」と感じる子も多いです。ただそれは女性ホルモンの影響でありとても大切な過程です。

しかしそれが原因で食事制限をしてしまうと栄養が十分に摂れず、女性ホルモンのバランスが崩れたり、ホルモンがしっかりと分泌されにくくなります。

その結果、生理が乱れたり生理が来なくなっててしまう恐れが、将来子供を望むときに妊娠・出産することが難しくなってしまう可能性もあることを忘れないでください。

高校生になると「綺麗になりたい」「痩せておしゃれをしたい」そう思うことは自然なこと。だからといって睡眠時間を削ったり、厳しすぎる運動などのダイエット方法はやめましょう。ダイエットで大切なことは『健康的に痩せること』です。

体重を落とすために無理をして健康を害しては元もこうもありません。食事制限だけではなく、日頃からの生活習慣を変えていくことから始めましょう次に毎日続けられる運動や食事についてご紹介していきます。

簡単カロリー消費アップ!あなたにあった運動法3選



高校生がダイエットをする時無理な食事制限よりオススメなのが運動です。

健康的に痩せるためには運動が重要であり、運動をすることで食事で摂取したカロリーを消費し、摂取カロリーよりも消費カロリーを増やしてあげる事で健康に痩せることができます。

運動をする上で大事なことは『筋肉量を増やしてあげること』です。筋肉量が多ければ多いほど、基礎代謝がよく効率的に消費カロリーを増やすことができます。筋肉を増やし基礎代謝をあげ、痩せやすく太りにくい体づくりを目指していきましょう。

ここからはタイプ別にオススメの運動方法を3つご紹介します。

⒈運動が苦手な人向け運動:簡単スクワット


  1. 足を肩幅程度に開き、手を前に真っ直ぐ伸ばします
  2. ゆっくりと腰を落とし、太ももが床と平行になるまで落とします。
    (この時なるべく膝がつま先から出ないように注意しましょう)
  3. この状態で3秒キープし、ゆっくりと元の状態に戻します

スクワット運動はお腹だけでなく、足や腕など全身を使う運動です。全身をまんべんなく鍛え痩せることができます。

⒉運動が得意な人向け運動:バーピー運動

  1. 足を腰幅に開き自然な姿勢で直立になります
  2. その場にしゃがみ、足よりやや斜め前に手をつきます
  3. そのまま少し跳ねるように足を後ろに蹴り出します
  4. 両肘を曲げていき、腕立て伏せのように体を軽く沈めていきます
  5. 両肘を戻すとともに、両足を最初の位置に戻します
  6. 立ち上がりながら、軽くジャンプしましょう

バーピー運動は大きな筋肉を鍛えると同時に、有酸素運動もできるので、全身運動にぴったり。全身の筋肉をまんべんなく鍛え引き締めたい場合にとてもオススメです。

⒊学校でも自宅でもできる運動:踏み台昇降

まず15〜30㎝程度の高さの台または階段を用意しましょう。

  1. どちらの足からでもよいので、踏み台に乗ります
  2. 登った足から降ります
  3. 次は、1の反対の足から乗ります
  4. 登った足から降ります

    ※上がって(右足)上がって(左足)下りて(右足)下りて(左足)を繰り返しましょう。

踏み台昇降は有酸素運動でありながら筋トレの要素もあるのでより脂肪を燃やすことができます。

また女性が痩せにくいお尻や太ももなど下半身を重心的に引き締める効果があり、排便のための筋肉が鍛えられるため便秘になりやすい女性にはオススメの運動方法です。

段差のあるところを一段上って降りるを繰り返すだけなので、家や学校の階段などちょっとした段差を見つけてすぐに行うことができます。

また専用の踏み台もありますが、古雑誌などを積み重ねテープでしっかりと固定したりして好みの高さの踏み台を手作りすることができますよ。

全身の筋肉量を増やした上で、水泳、ジョギング、縄跳びなど全身運動を取り入れてあげるとより消費カロリーが増え痩せることができます。自分に合う運動方法を見つけ毎日継続的に続けていくようにしましょう。

簡単に摂取できる栄養!野菜ジュースからサプリまで



ダイエット中でも栄養バランスはとても大切です。しかしどうしても野菜が不足しがちになりがち。

「毎日の食事だけでは野菜が不足している」「おいしく野菜を摂りたい」そう思っているならば、無農薬の人参をメインとしてこだわりの野菜やフルーツを使ったジュースを販売している『ピカイチ野菜くん』の野菜ジュースがオススメです。

ピカイチ野菜くんの野菜は100%無農薬!
農薬や化学肥料を一切使わずに栽培された国産野菜を使用し、保存料や砂糖を使わず製造され完全無添加なので安心。

そして何より美味しい!

コールドプレス製法で絞っているので甘くて飲みやすいのが人気の秘訣。野菜嫌いの子供でもピカイチ野菜くんのジュースなら美味しく飲めると大好評

また野菜ジュースというとドロっとしたイメージが強いですが、ピカイチ野菜くんのジュースはさらさらと飲みやすいのも嬉しいポイント!

らさら度はこちらの動画で確認できます。

ピカイチ野菜くんは公式サイトはもちろん、楽天やAmazonで購入することができるので気になる方はぜひ一度試してみてはいかがですか?

また健康的に栄養を補充しつつ痩せたい時には青汁、サプリメントから栄養を補ってあげるのがオススメです。ぜひこちらもチェックしてみてください。

公式サイトはこちら

ピックアップ記事

まとめ



「ダイエットをして痩せたい!」そう思う高校生はとても多いです。しかし間違ったやり方や無理なダイエットは成長過程の高校生にとっては危険なことも多いです。

特に過度な食事制限によるダイエットは健康的にとても良くありません。食事制限をする前に、適度な運動と食生活の見直しがとても重要です。

間食を控えたり高カロリーな食事を避け、栄養バランスの良い食事を取ること。そして毎日継続的に体を動かし、カロリーを消費してあげることで健康的に痩せることは十分に可能です。

ダイエットをする前には親御さんとも話あって出来る範囲のことから始めていきましょう。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード