1週間でダイエットは可能?体をスッキリさせてスリムに見せよう! | チルコレ

[記事公開日] 2018/04/09
Tatsuo

1週間でダイエットは可能?体をスッキリさせてスリムに見せよう!

中学生の皆さんの中には、ダイエットに興味が出てきた人もいるのではないでしょうか?一週間くらいで劇的に痩せられたら良いのですが、そのダイエットは体に大きな負担が掛かるものかもしれません。正しいダイエットを知って、スリムに見える体を手に入れましょう。

  • 目次

そもそも1週間で痩せられるの?

雑誌などに「一週間でマイナス5kg!」とか「5日間で3kgのダイエットに成功!」といったキャッチコピーが掲載されているのを見たことはないでしょうか?

皆さんくらいの年頃になると、少しずつ自分の外見を良くしたい・いろんな人に好かれたいという気持ちが芽生えてきます。

その気持ちそのものは、決して悪いものではありません。

しかし、問題はその次です

皆さんの中には「ちょっとダイエットしたいな」「もっとスリムになりたいな」と思っている人もいるのではないでしょうか?

確かに、適度にスリムなほうが健康的に見えますし、オシャレの幅も広がりますよね。

だからといって、安易に「一週間で痩せられる!」「一か月で見違えるようにスリムになれる!」といったキャッチコピーのダイエットに手を出すのは厳禁です。

「炭水化物抜きダイエット」をはじめとしたハードなダイエットは、確かに短期間に体重を落とすことが可能です

一方で、体を壊したりリバウンドをしやすくなったりするリスクも高いものなので、ダイエットをするときはできるだけゆっくりと時間を掛けて体重を減らしていくようにしましょう。

ダイエットの基本は、食事の見直し適度な運動です。

「一週間で極端に痩せる」というのは、言い方を変えれば「一週間でげっそりとやつれた」ということでもあります。

「もう少し痩せたいな」「スリムになりたいな」と思うのなら、焦らず時間を掛けて、少しずつ痩せていくようにしてください

急激なダイエットは思春期の体に負担をかける!

一般的に、1か月で落としていい体重は、現在の体重の5%程度といわれています。

それ以上体重が落ちるようなダイエットは、体に大きな負担が掛かるダイエットです。

もし、今ハードな食事制限をするダイエットや、ハードな運動を毎日行うようなダイエットを来なっている人がいるのであれば、今日からダイエット方法を見直しましょう。

体に大きな負担が掛かるダイエットは、長続きしません

ストレスもたまりますし、皆さんの体の成長に悪い影響がある場合もあります。

特に女子は、生理が来なくなってしまったりするおそれがあるので、男子以上に体に負担のかかるダイエットは行うべきではありません。

また、人によっては、心を病んでしまうこともあります。

「もっと痩せたい!スリムじゃないとダメなんだ!」という考えが頭から離れず、食べ物を食べても吐いてしまったり、食べ物が喉を通らなくなったりする「摂食障害」を発症してしまう人も少なくありません。

無理なダイエットは、体にも心にも良い影響がありません。

雑誌やインターネットなどを見ていると、あっという間にスリムになれるかのようなキャッチコピーがたくさん掲載されていますが、それらを鵜呑みにせず、毎日コツコツ努力して、少しずつ健康的にダイエットを進めましょう。

1週間で痩せたいなら、むくみを解消してスッキリ見せよう!

「でも、一週間でなんとかスリムになりたい!」という人も中にはいるかと思います。

では、皆さんに聞きましょう。

皆さんは「体重を落としたい」のでしょうか?それとも「少しでもスリムに見られたい」のでしょうか?

多くの人は、体重を落とすよりもスリムに見られたいのではないでしょうか。

であれば、一週間でスリムに見られるのは可能です

一週間で劇的に体重を落とすことは体への負担が大きいためすべきではありませんが、一週間で体をシェイプアップすることは不可能ではないのです。

まずオススメしたいのが「むくみ解消ストレッチ」です。

脚のむくみを解消するだけでも、脚のラインがスッキリして痩せて見えます

さっそくそのやり方を紹介しましょう!

~むくみ解消ストレッチのやり方~

やり方
  • 1.イスに浅く腰掛けます。
  • 2.つま先を付けたまま、かかとを上げ下げします。左右交互に、リズミカルに行いましょう。
  • 3.左右20回ずつを目安に行います。

イスに座って行うストレッチは、学校でも簡単にできるので、休み時間などに実践してみましょう。

また、おなか周りをシェイプアップすると、思いのほか痩せて見えます。

おなか周りのシェイプアップに効果的なエクササイズには

  • ・レッグレイズ(下腹部のトレーニング)
  • ・サイドプランク(わきばらのトレーニング)
  • ・プランク(腹筋と背筋のトレーニング)

があるので、家で行ってみてください。

~レッグレイズのやりかた~

やり方
  • 1.あおむけに寝て、脚を伸ばします。
  • 2.両足を揃えて、ゆっくりと天井に向かって上げていきます。この時、下腹に力を入れるようにしましょう。
  • 3.ゆっくりと足を下ろします。
  • 4.呼吸を止めないように意識しながら、15回×3セットを目安に行いましょう。

レッグレイズは続けていくうちに下腹が引き締まり、すっきりとしたおなか周りを手に入れることができるエクササイズです。

最初はきつく感じるかもしれませんが、無理のない範囲で行い、徐々に回数を増やして行きましょう。

最初は動画のように膝を曲げて始めてもいいかもしれませんね。

~サイドプランクのやり方~

やり方
  • 1.右側を下にして横になり、肩の下に肘を置いて前腕を床に付けます。
  • 2.頭からかかとまでが一直線になる様に意識して腰を持ち上げ、15秒キープします。
  • 3.左側も同じように行います。

サイドプランクは、わき腹にある「腹斜筋」という筋肉を鍛えるトレーニングです。

腹斜筋を鍛えることで、くびれがはっきりと表れるようになり、スリムに見られるようになります。

両足を揃えて腰を浮かすのが難しい人は、膝を付いて行っても構いません。

~プランクのやりかた~

やり方
  • 1.うつぶせに寝て肩の下に肘を置き、前腕を床に付けます。
  • 2.頭から足までが一直線になる様に意識して、おしりを上げます。
  • 3.その姿勢を15秒キープしましょう。

プランクは、腹筋と背筋を鍛えることができるエクササイズです。

おしりだけが上がったり、逆に下がったりしないように意識して行いましょう。

頭から足までを一直線にするのが難しい人は、両膝を付いて行うと少し簡単に行うことができます。

まとめ

一週間で体重を減らして、劇的にスリムになれたら夢のようですが、現実はうまく行きません。一週間で無理に体重を落とすと、体を壊してしまうおそれがあります。

ダイエットを行う際は、長い目で見て、無理のないペースで健康的に行いましょう。

ダイエットの基本は食事の見直しと適度な運動です。毎日食べたものを記録したり、無理のない範囲でウォーキングや筋トレを行うだけでも体は少しずつ変わっていきます。

焦らず自分のペースで、健康的にスリムになりましょう

普段の食生活からでもダイエットにアプローチできます。下の記事も参考にして見てくださいね。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード