学生の春休み=ダイエットに最適!?特に意識するポイント3つ | チルコレ

[記事公開日] 2018/04/17
ytfreest

学生の春休み=ダイエットに最適!?特に意識するポイント3つ

気分一新、新年度を迎える準備期間でもある春休み。

暖かくなり運動にも取り組みやすいこの時期だからこそ、ダイエットを始めてみるのもオススメです。

まずはダイエットを意識した生活習慣の見直し、そして特に意識しておきたい3つのポイントについてご紹介しましょう。

[@pickup@]【高校生】ダイエットする人はみんな「酵素」に注目している!
【高校生】簡単に痩せるダイエット法、食事制限以外にも方法はあった![@/pickup@]

  • 目次

学生がダイエットするときの注意点とは

中学生~高校生の頃は自分の容姿が非常に気になり、実際はそんなに太っていなくても無理なダイエットなどで体調を崩してしまう人も少なくありません。

しかしこれは非常に危険なこと!大切な成長期だからこそ、それを妨げないダイエット法を守らなければいけません。

この時期に間違ったダイエットをすると骨粗しょう症や生理不順、また精神的な疾患を引き起こす可能性があります。

これらはダイエットをやめたからといって、すぐに良くなるものではありません。場合によっては、自分の将来に大きなリスクやダメージを残すことにも繋がりかねないのです。

部活や勉強、友達との付き合いなどで忙しい毎日ですが、ダイエットをするなら正しい知識を身に付けることが一番大切。

栄養バランス・運動・睡眠を意識した生活習慣を送れるように心がけましょう。

絶対に守るべきポイント3つ!

学生という成長期だからこそ、ダイエットする際にぜひ守ってほしいポイントがあります。

それは「栄養バランスの取れた食事」「継続的な運動」「睡眠時間の確保」です。

簡単なことのように思ってしまいがちですが、正しく理解していないと意味がありません。ここではその内容を詳しくチェックしていきましょう。

「食べなければ痩せる」は間違い!

食べなければ痩せるとついつい短絡的に考えてしまいがちですが、実はそうではありません。

必要な栄養素が不足すると、痩せにくい体になってしまうこともあるので注意が必要。

骨や筋肉の成長に悪影響を及ぼし、ホルモンバランスの崩れなども招く可能性があります。

三大栄養素と呼ばれるたんぱく質・脂質・炭水化物を中心に、腸内環境を整える食物繊維、

骨や歯を作るカルシウムや血液を作る鉄分などといった各種ミネラル、ビタミン類も欠かせません。

これらをバランス良く摂取することで、健康的なダイエットに繋げることができるのです。

逆に減らすべきものはファストフードやスナック菓子、デニッシュ系のパン、揚げ物といった食品です。

食べてはいけないのではなく、食べ過ぎに注意する、食べる量を減らすといったことを心がけましょう。

また食事を抜くのではなく、1日3回の食事を取るのも基本中の基本。特に「朝食を抜くと太る」と言われています。

国民栄養調査でも、欠食が多い人ほど皮下脂肪の厚みが厚くなる傾向にあるという結果が出ています。特に重要なのは朝食。

朝食を取ることで体温が上昇し、1日を通して代謝を底上げすることが可能になります。

これはエネルギーをしっかり消費していくことに繋がるので、結果的にダイエットが成功しやすい体質を手に入れることができるのです。

「食べなければ痩せる」のではなく、ダイエットには栄養バランスを考えた食事が必要不可欠であることを頭に入れておきましょう。

動するときに心がけたいこと

寒い時期は「さあ、外に出て運動!」なんていう気持ちにはなかなかなれませんが、暖かくなってくるとちょっとやる気が湧いてきたりしませんか。

春休みは気候も良くなりますし、新年度がスタートする時期なので何か新しいことを始めるにもちょうどいいタイミング。

この機会にダイエットにとって重要である運動を習慣化させましょう。

普段体育の授業以外で全く体を動かさないという人は、ウォーキングからチャレンジするのがオスス

動きやすい服装、フラットで疲れないシューズを準備して、最初はできるだけ急な坂道や階段の多いところを避けて歩くようにしましょう。

ただ歩くのではなく、姿勢を正しくして、歩幅を広めに保ちながらリズミカルに歩きましょう。30分程度歩くだけでも、結構汗をかくもの。

水分補給は大切ですが、スポーツドリンクは糖分が多いので飲み過ぎはNG。スポーツドリンクを飲む場合は、2倍程度に薄めて飲むようにしましょう。

ウォーキングに慣れてきたら、軽いランニングに切り替えても構いません。但し「続けること」が何よりも重要なので、決して無理をしてはいけません。

レベルアップも自分の体調と向き合いながら焦らずに進めていくようにしましょう。そしてこれらの運動と同じくらい重要なのがストレッチ。

運動中のケガ予防はもちろん、ストレッチをすることで血流や代謝が良くなると言われています。

お風呂上りやテレビを観ている時など、生活の中にストレッチを積極的に取り入れていきましょう。

睡眠不足とストレスはダイエットの敵!

栄養バランスの良い食事や継続的な運動とともに大切なのが睡眠。

ダイエットと睡眠は結びつきにくいかも知れませんが、睡眠不足は肥満などの生活習慣病に繋がるリスクが高いと言われています。

十分な睡眠が得られていないと、新陳代謝が悪くなるため、体重が減りにくい状態を作ってしまいます。

勉強やスマホなどで睡眠時間が削られがちですが、8時間程度の睡眠を確保するように心がけましょう。

睡眠不足と関係の深いストレスもダイエットの大敵。ストレスは様々な疾患の原因として挙げられており、体調に悪影響を及ぼすことが分かっています。

ダイエット自体を大きなストレスに感じてしまうことも多く、それが蓄積すると心身の状態も悪化。ひどくなると過食症や拒食症を発症する可能性もあります。

ダイエットどころか普通の生活にさえ支障を来すため、専門医を受診して治療しなければなりません。

ダイエット中にイライラすることが多くなったり、体調がすぐれなかったりする場合は、心身に負担がかかり始めているサイン。

ダイエット方法を見直すことはもちろんですが、一旦中止する勇気も持つようにしましょう。

あなたはどれが不足している?

ここまでに挙げた「食事・運動・睡眠」という3つのポイント。現在の自分の生活と比べてみて、不足していると思われるものはありませんでしたか?

「いつかやろう」「やれる時にやればいい」と考えているだけでは、続けることはもちろん、始めることすらできないままになってしまいがちです。

「今の状況では忙しいから無理」などと決めつけるのではなく、まずは少し強引にでも生活の中に取り入れるようにしましょう。

栄養のバランスに自信がなければサプリメントや青汁などの健康食品でフォローするのもいいでしょう。 また運動不足であればちょっと早起きして朝食前にウォーキングするなど、自分なりに工夫してみるのもオススメ。 ひとつのことを変えてみるだけで、連鎖的に様々なものが健康を意識した方向性へと向かい始めます。最初は「無理」だと思ってたことも1週間も続ければ「習慣」になり、それが自分の当たり前なライフスタイルへと変化していくものなのです。

最後に

新年度を迎える準備期間でもある春休みは、気候も暖かくなり、自分のライフスタイルを見直すきっかけとしてもちょうどいいタイミング。

それまでの習慣を変えるのは簡単ではありませんが、理想的なダイエットを成功させるためにはこの一歩を踏み出すことが非常に重要なのです。

ボディラインが気になる夏に向けて、「食事・運動・睡眠」の3つを重視した健康的なダイエットを生活の中に取り入れていきましょう。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード