中学生必見!脚痩せストレッチダイエット!老廃物を流そう! | チルコレ

[記事公開日] 2018/01/08
[最終更新日] 2018/02/15 Tatsuo

中学生必見!脚痩せストレッチダイエット!老廃物を流そう!

中学生、自分の見た目は気になりますよね。
とくに脚の太さは重大問題!
できればお金や時間をかけずにどうにかしたい!
そんな悩みに、手軽にできて効果的なストレッチはどうですか?
毎日続けて、すらっとひきしまった脚を目指しましょう!

  • 目次

中学生になって急に脚が太くなってきた…

中学生になると、制服を着て通学する人も多くなりますね。

「制服を着ると脚が気になる…」

「運動部に入って脚が太くなった気がする…」

そんな悩みをもっている中学生も多いのでは?体重はそれほど重くないのに、脚が太いとなんだか太って見える…。

同じ身長、体重でも、脚が太い人、細い人がいるのはどうしてなのでしょう?

原因その①「筋肉太り」

脚の太さは、脂肪の量だけで決まるわけではありません。筋肉のつきかたによって、脚の太さも形も大きく変わります。

ハードな運動・筋トレ

運動したら痩せると思ったのに、なぜか太くなった…。なんてことも、けっこうあるんです。

たとえば競輪選手などの太もも、女性のウエストぐらいある人もいます。一方、マラソンランナーはスッキリした細い脚の人が多いですよね。

筋肉にもいろいろあり、太くなりやすい筋肉、太くなりにくい筋肉があります。

ハードな筋トレやダッシュなど瞬発力のいる運動は、前側の筋肉がつきやすく、脚が太くなってしまうことがあります

姿勢や歩き方

いつもの姿勢や歩き方、どうですか?じつは、普段の姿勢や歩き方でも、脚は太くなってしまいます。

左右のどちらかにバランスが偏っていたり、多いのが猫背や内股の姿勢!

悪い姿勢で歩いていると、太ももの筋肉が発達して脚が太くなってしまいます。

原因その②「冷え症・むくみ」


冷え症やむくみ、中学生だから関係ない?いえいえ、最近は子どもや若い人にも増えているんです。

冷え症

体温が低いわけでもないのに、手足が冷たい冷え症。

これも脚が太くなる原因の一つなんです。

下半身が冷えていると血行が悪くなり、老廃物や脂肪がたまりやすくなります。

また太くなるだけでなく、セルライトといって見た目にボコボコができてしまうことも…。セルライトができてしまうと、落とすのはなかなか大変です。

むくみ

朝はどうもないのに、夕方になると靴がキツく感じることはありませんか?

ソックスのゴムの跡がついてしまうこともあります。そんな人はもしかしたら、むくみで脚が太くなっているかも!?

姿勢の悪さや冷えで血流が悪くなると、リンパの流れも悪くなります。そうすると、老廃物や水分がたまりやすくなってしまいます。

脚がむくむと、なんとなくスッキリしない太い脚に見えるのです。脚が太くなるのには、いろいろな原因がありますね。

原因がわかれば、効果的にダイエットしやすくなります。足の太さが気になる人は、その原因を考えてみましょう。

「ながら」ストレッチで時間が無くても!

脚痩せに効くのって、どんなダイエット?

ハードな筋トレは筋肉がつきすぎてしまうし、長続きしません。スキマ時間で簡単にできる「ながら」ストレッチをしてみましょう。

「家でもできるストレッチ」

お風呂のあとや寝る前、テレビをみながらでもできるストレッチです。

座ったままできるストレッチ

①床に座ったまま、脚をまっすぐ前に伸ばしましょう。

②足首を直角に曲げ、足の指はできるだけ頭の方向にひっぱります。

 ふくらはぎが伸びるので、10 秒キープしましょう。

 (ふくらはぎがつらないよう注意して、無理のない程度にしてください)

③ゆっくり息を吐きながら、足首をもとに戻します。

④4~5回くり返します。

寝たままできるストレッチ

①あおむけに寝ます。

②脚を立てないまま、右脚のひざを曲げて、右手で足首を持ちます。

 太ももの前が伸びるので、10秒間キープしましょう。

③脚をもとに戻します。

④左脚も同じようにします。

⑤2~4回くり返します

「外でもできるストレッチ」

外出先で学校で、ちょっとしたスキマ時間にできるストレッチです。

太ももの裏をのばすストレッチ

①台や椅子に片方の脚のカカトをのせます。

②のせた脚をのばしたまま、つま先を天井に向けましょう。

③ヒザの上に両手をのせて、上体を前にたおしていきます。

④太ももの裏がのびるところで、30秒くらいキープ。

⑤反対側の脚も同じようにします。

太ももの前をのばすストレッチ

①片脚で立ちます。

(バランスがとりにくいときは、片手をどこかに置いても大丈夫)

②もう片方の脚の足首をにぎって、ヒザを曲げて足首をお尻へ引きよせます。

③太ももの前側がのびたところで、30秒くらいキープ。

④反対側の脚も同じようにします。

ストレッチで、かたくなった筋肉をほぐしてむくみを解消!「筋肉太り」にも「冷え症・むくみ」にも効果的。スッキリ脚を目指しましょう!

特に気になる部位のある人におすすめストレッチ!

脚が気になるという悩み、気になるのはふくらはぎ?それとも太もも?特に気になるところに、おすすめのストレッチもご紹介!

ふくらはぎに効果的!むくみを解消し、ふくらはぎの筋力をひきしめよう!

①足を肩幅に開いて、立ちます。

②つま先で立ちましょう。

 脚に力を入れずに、おへそから持ち上げるようにつま先立ちしましょう。

③そのまま5秒キープして、ゆっくりカカトを下します。

④10回くり返しましょう。

授業中に座ったままできるのはコチラ!

①両脚のつま先を着いて、カカトを上げる

②両脚のカカトを着いて、つま先を上げる

③何度もくり返しましょう。

太ももに効果的!太もも全体の筋肉をひきしめましょう!

①片脚に体重をのせて立ちましょう。

 (両手を腰でも、両手や片手をどこかに置いてバランスをとっても大丈夫です。)

②もう片方の脚をまっすぐのまま、後ろに45度上げて10秒キープ

 ゆっくりもとに戻します。(膝を曲げないように注意!)

③次に、まっすぐのまま横に45度上げて、10秒キープ。ゆっくりもとに戻します。

④片脚ずつ交互に3回くり返しましょう。

授業中にもこっそりできる!

①太ももの間に本やノートをはさむ。

②落ちないように内側に力を入れましょう。

③誰かにばれたら恥ずかしいときには、内側に向かって力を入れるだけでも大丈夫です。

ふくらはぎも太ももも、何もしなければむくんだり、脂肪がつきやすい場所です。スッキリ脚を手に入れるには、こまめにストレッチを続けましょう。

まとめ

中学生くらいになると、脚だけでなく体型の悩みは増えてきます。でも、お金をかけるのも難しい…。

どんなダイエットにも必要なのは、毎日コツコツ続けること!

とくに脚のかたちは、毎日の姿勢や歩き方からつくられるもの。

だからこそ、毎日のストレッチが大切です。

特別なトレーニングでなくていいので、「スキマ時間」や「ながら時間」を上手に利用してみてくださいね。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード