成長ホルモンが子供の身長を伸ばすカギ!知られざるその効果を徹底解説 | チルコレ

[記事公開日] 2017/12/18
[最終更新日] 2018/01/11 SatoNatsumi

成長ホルモンが子供の身長を伸ばすカギ!知られざるその効果を徹底解説

成長ホルモンは、子供の身長を伸ばすのに必要なことは分かっていても「そもそも、成長ホルモンって何なの?」そんな疑問にお答えします。子供の身長を伸ばすカギである成長ホルモンについて、分かりやすく解説します!

  • 目次

成長ホルモンって?

私たち人間の身体には約100種類以上のホルモンがあるといわれています。ホルモンは身体のさまざまな機能をコントロールするという重要なものです。ホルモンが正常に働くことによって、私たちの身体もまた正常に保たれているのです。

成長ホルモンもそんな大切なホルモンの一つ。成長ホルモンは私たちの身体の脳の真ん中あたりにある脳下垂体から分泌されるホルモンです。

子供の時期には、主に身長を伸ばす作用があることで知られています。成長ホルモンにはその他にも代謝を促すという重要な作用があります。

骨に働きかけ、身長を伸ばす成長ホルモンの働きは子どもの頃に終わってしまいますが、生涯を通じて、大人になってからも成長ホルモンは私たちの体の中で、代謝を促すホルモンとして、分泌され、働き続けます。

1.タンパク代謝

タンパク代謝合成を促します。タンパク質は私たちの体の組織のあらゆるものの素になる成分です。筋肉を作ったり、髪の毛を作ったり、皮膚を作ったりと私たちの身体はタンパク質で出来います。その合成を促す大事な作用があります。

2.骨代謝

骨の形成を促進します。子供のころは骨の組織に働きかけて身長を伸ばすことに働きかける成長ホルモンは、大人になってからも骨の形成にかかわります。年齢を重ねた女性に多いといわれる骨粗しょう症なども成長ホルモンがしっかりと分泌されるようにすることで予防が期待出来ます。

3.脂質代謝

脂質の分解を促し、体内の脂肪をエネルギーとして使います。成長ホルモンと脳の神経細胞ニューロペプチドY細胞という細胞群に作用して、身体の中のエネルギー量と身体の脂肪の量を調節しているのです。

4.糖代謝

糖を分解し、エネルギーを作り出します。身体が低血糖の状態になったときに、血液中の糖をエネルギーとして使うため、インスリンの働きを抑制して、血糖値を上昇させ、安定に導きます。
このように、成長ホルモンは生涯にわたって、私たちの身体で働き続けるホルモンなのです。

子供の身長と成長ホルモンとの関係は?

成長ホルモンは子どもの身長を伸ばすのに大変重要な役割を果たすことは知られています。では、なぜこの時期に深く関係があるのでしょうか?

成長ホルモンは私たちの生涯にわたり、必要なホルモンとして体内で分泌され、働きますが、その分泌量は小学生~高校生の時期、成長期に最も多く分泌され、その後はだんだんと分泌量が減っていきます。10年ごとに約16%ずつ減るといわれています。(※1)

(※1)成長ホルモンの話-日本医科大学

成長ホルモンが作用する、骨の成長は骨端線の軟骨細胞が膨張することによってもたらされますが、この骨端線が骨化する前の、十分な伸びが出来る時期と、成長ホルモンが最も分泌される時期は同じ成長期です。

この時期に、成長ホルモンが正常に分泌されることで、身長はぐんぐんと伸びるのです。逆にこの時期に成長ホルモンが足りない状態だと、身長を十分に伸ばすことが出来なくなります。

成長ホルモンを分泌させるには?

では、どのようにすれば成長ホルモンを正常に、成長に必要な十分量を分泌させることが出来るのでしょうか?

良質な睡眠の確保

睡眠時は、成長ホルモンが最も多く分泌されるタイミングですので、睡眠の質と量はとても大切です。

運動をすることによって、成長ホルモンが分泌される事は分かっていますが、その量は睡眠時の分泌量には及びません。成長ホルモンは眠りについてから2~3時間後の深い眠りの時に分泌が始まり、その後も約3時間おきに分泌のピークがあるといわれています。

そのため睡眠は8時間、部活や勉強が忙しい中学、高校生も7時間くらいは確保したいものです。同じ7~8時間睡眠でも、浅い眠りだと、成長ホルモンの十分な分泌は期待できません。

良質な眠りのためにも日中の十分な運動をする習慣や、寝る前に軽いストレッチなどをして適度な疲労感を得ていることリラックスしていることが自然な入眠を促します。

テスト勉強などで、遅くまで起きている時には、つい夜食などを用意してあげたくなるのが親心ですが、睡眠前の食事はかえって、安眠を妨げる危険性があります。寝る前の食事は2時間前には済ませ、勉強中には胃の消化に負担にならない温かな飲み物をとるなどするといいでしょう。

脳の興奮を沈め、休ませるためにも寝る食前には、テレビを見たり、スマホを見たりしないなどの生活習慣の見直しも必要です。

良質な睡眠環境も大切です。今、お子さんの使っている寝具はいつ頃から使い初めたものでしょうか?成長とともに枕が合わなくなっていたり、身体も大きくなるとその分、寝ている時には首、腰や肩などに負担がかかります。

睡眠時間は取れているのに、日中も眠気を感じる、というようなときには十分に深い眠りが出来ていないのかもしれません。「そういえば、しばらく寝具を変えていない」と思い当たるご家庭は寝具を見直して見るのも良いでしょう。

こちらではおすすめの寝具をストレッチ法とともに紹介しています。

ピックアップ記事

サプリメントの活用

サプリメントを生活に取り入れることも有効な手段の一つです。特にお子さんの生活習慣を見て、「もしかしたら、成長ホルモンが足りないのかも」そのように感じたら、サプリメントは効率よく栄養補給できる方法です。

特にスポーツ系の習い事をしている小学生スポーツ系の部活をしている中高生は、筋肉の生成や、筋肉の疲労の回復に、成長ホルモンが使われることで、成長に必要な分が足りていないことが考えられます。

身長を伸ばすために大切と言われる運動量は十分に足りているし、食事面にも気を使っている、お子さんの食も決して細い方だとは思わない、でも身長の伸びが気になる。そんな方にはとくに成長ホルモンの分泌を促す作用のあるアルギニンに特化した「Dr.senobiru」がおすすめです。

子供の身長を伸ばすために欠かせないアルギニンは体内で生成されるアミノ酸ですが、子供の体内では十分に生成がされないことが分かっています。

また、運動を多くされるお子さんの場合には、必要量が足りていないことが考えられるので、普段の食事にプラスして、効率よく体内にアルギニンを補給してあげることが必要です。

Dr.senobiru1日に5000mgのアルギニンを摂取することが可能です。この量は他の身長サプリメントの中でもトップクラスの含有量です。これだけの量を食事からとるには実際には大変難しく、サプリメントの利用が最も効率的であるといえます。

また、栄養素を摂取するにあたってはバランスが大切なのは言うまでもありません。Dr.senobiruならアルギニンの他、アルギニンと相性の良いオルニチン、シトルリンやボーンペップなど成長に必要な栄養素をバランスよく配合し、クエン酸も2100mg配合されているので、スポーツでの疲労回復に最適です。

公式サイトはこちら

まとめ

成長ホルモンは子供の身長を伸ばすために大変重要な働きをするホルモンです。成長期を過ぎるとその分泌は次第に減り、また身長が伸びるためには骨端線が骨化する前に十分に伸びる必要があります。この限られた成長期に十分な成長ホルモンを分泌させることが、身長を伸ばすカギなのです。

成長ホルモンを分泌させるためには良質な睡眠の確保は大変重要です。自然に入眠できるような習慣や、寝具の見直しなど、安眠できる睡眠環境も整えましょう。

運動を良くしているお子さんの場合、筋肉の生成や、筋肉の疲労の回復に成長ホルモンが使われ、身長を伸ばすための量が不足していることも考えられます。成長ホルモンの不足には分泌を促す作用があるアルギニンを多く含むサプリメントを活用することで効率よく補うことが出来ます。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード