鉄棒にぶら下がると身長が伸びる?本当に効果がある子供の運動って? | チルコレ

[記事公開日] 2017/11/17
[最終更新日] 2018/02/15 SatoKaede

鉄棒にぶら下がると身長が伸びる?本当に効果がある子供の運動って?

「あと◯cm高くなれば良いのに。」と子供の身長のことを考えると憂鬱になる親御さんもいるでしょう。元気一杯なのだけど身長だけが心配で…というお子さんには適切な運動を取り入れることで身長の伸びが期待できますよ。

  • 目次

鉄棒は身長を伸ばすわけではない

1. 「鉄棒=身長が伸びる」と言われる理由

鉄棒にぶら下がると、なんだか身体が縦に伸びて身長が高くなる気がしませんか。ぶら下がり運動は昔からよく知られた健康法の1つであり、身長が伸びる効果があると今でも信じている人もいます。

しかしながらそれは間違いで、身長が伸びたというのも錯覚でしかありません。

そもそも「身長が伸びる」とはどういうことでしょうか。

簡単に言ってしまえば、「骨が縦に成長する」ということです。

鉄棒にぶら下がることで重力にしたがって筋肉は伸びますが、骨が成長することはありません

そのため、鉄棒にぶら下がること自体に身長を伸ばす作用はないのです。

2. 鉄棒運動が身体にもたらす効果

ぶら下がり運動をすることの一番の利点は、背筋がまっすぐに伸びること。

特に猫背の方に有効なのですが、それは自分の体重を利用して背骨を伸ばして真っ直ぐに戻す事ができるからです。

普段から猫背の人の場合には姿勢を正すことで3cm、多い場合は5cmも身長が高くなることがあります。ただこれは丸まっていた背中が伸び本来の身長に戻ったものであって、身長が伸びたのではありません

ではどんな効果があるの?

鉄棒運動と身長の関係性

ぶら下がり健康法として昔から普及してきたことからも分かる通り、ぶら下がり運動は以前から健康法の1つとして認識されています。

とりわけ日々ぐんぐんと成長している小・中学生の子供たちにとって、ぶら下がりという鉄棒運動は効果的です。

その効果は身長の伸びではなく、他の点にあります。詳しくみていきましょう。

鉄棒ぶら下がり運動の効果

1. 軟骨組織に効く

鉄棒運動で一時的でも背が伸びるように感じるのは、骨と骨の間にある軟骨組織が伸びることが関係しています。人間の骨と骨の間には、軟骨組織があります。

それは水分を多く含んだ組織で、人が活動する日中は重力の関係で縮んでしまうのです。

ですが、鉄棒でぶら下がり運動を行うと軟骨組織が伸び、ほんの数ミリですが身長が伸びるのです。ヨガなどの身体を伸ばす体操でも、これと同じ現象が起こっています。

とはいえ、どちらにしても身長が伸びる(厳密には軟骨組織が伸びる)のは、単なる一時的な作用でしかなく、持続力は期待できません。

2. 姿勢が良くなる

鉄棒にぶら下がることの利点としてもう1つ、それは背中のストレッチ運動に効果があるということです。自分の体重を利用して鉄棒にぶら下がれば、丸まっていた背骨を伸ばして真っ直ぐに戻す事ができるというわけです。

姿勢が良くなることで、特に猫背気味の場合は身長がいつもより高く見える効果があります。

背が伸びたように感じるだけ?

「鉄棒ぶら下がり運動で背が伸びたと思っていたのは勘違いだったなんて。身長が伸びる効果がないならやる必要ない」と早合点するのは少しもったいないです。

ぶら下がり運動で背筋をまっすぐに伸ばすことこそ、小・中学生の子供にとって大きな意味を持っています。

1. 鉄棒運動のメリット

 鉄棒ぶら下がり運動は脊椎側湾症の予防に効果があります。

人の背骨を横から見ると、通常S字に湾曲しています。湾曲している理由は、上からと下からの衝撃の吸収を分散するためです。

成長期という身体の基礎が出来上がる時期に、この湾曲した背骨がずれたまま過ごしてしまうと、肩こりや腰痛の原因になってしまいます。またそれらが悪化すると、骨が曲がったまま治らず、椎間板ヘルニア脊椎側湾症と言った重篤な症状を引き起こすこともあるのです。

成長期にこそ取り入れたい鉄棒ぶら下がり運動

背中の筋肉をまっすぐに伸ばし、猫背など姿勢の悪化を防ぐには鉄棒のぶら下がり運動が効果的です。

このことから、大きな身長の伸びは期待できなくても鉄棒のぶら下がり運動は小・中学生の子供の成長に良い影響があることが理解できるでしょう。

2. ぶら下がり健康器の利用がおすすめ

ぶら下がり運動自体には実質的に身長を伸ばす効果は期待できない、ということは説明した通りです。

とはいえ、お子さんの姿勢が悪い場合には、ぶら下がり運動をさせるメリットはあります。

ぶら下がり健康器を使用して背筋のストレッチをすることで姿勢が良くなり、さらには握力の強化や腕の筋力アップも期待できますよ。

公園に行かなくても室内でできるのも嬉しいポイント。この機会に家族全員で健康な身体作りを意識してみませんか。

販売サイトはこちら

身長を伸ばすには、全身を使った運動が必須!

1. 身長を伸ばすには全身運動が必須な理由

子供の身長を伸ばすために必要な3大要因には「栄養」「睡眠」そして「運動」があります。

それらの相乗効果によって成長ホルモンが分泌され、骨の成長を促すことにつながります。

なかでも小・中学生の大事な成長期に全身を使った運動することは、その後の心身の成長に大きく関わってきます。

2. 身長の伸びを期待するなら縦方向の刺激を取り入れよう

子供の身長を伸ばすためには、ぶら下がり運動よりも全身運動がおすすめです。特に、縦方向の刺激を与える運動が良いとされています。

すぐに思い浮かぶスポーツは「バスケットボール」「バレーボール」ですね。他には「水泳」「縄跳び」「ジョギング」 なども、子供の身長を伸ばす目的の運動として近年注目されています。

3. 全身運動は骨の成長に効果あり

全身を適度に動かすことで、骨の成長を促す成長ホルモンの分泌を活性化させることができるからです。長時間の激しい運動をする必要はなく、年齢や個人差に応じた適度な運動が好ましいです。

運動を始めて15分後から運動を終えた3時間後程度まで成長ホルモンの分泌は続くとされています。

さらに、体を元気に動かした後はお腹がすいて食欲がわくことから、身長を伸ばすために必要な栄養素をしっかりと摂取することもできます。

]そして、適度な疲労感を感じながら熟睡することで睡眠中の成長ホルモンの分泌を促すことにもつながります。

4. 意識して取り入れたい全身運動

適切な全身運動は、食欲の増進や熟睡を誘い成長ホルモンの分泌を促すだけでなく、健全な精神の発達にも役立ちます。

最近は、家の中にこもって1日中ゲームをしているという子供も珍しくないですが、外に出て遊ぶこともこの時期の子供達にとって大切なことです。時間をうまく使って、屋外で元気に体を動かすことを心がけましょう。

今からの意識改革が、この先の子供の健康な発育に良い影響をもたらすことでしょう。

身長を伸ばす方法について、詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード