ベビーオイルは思春期ニキビを悪化させるかも!注意して使用しましょう | チルコレ

[記事公開日] 2018/03/05
[最終更新日] 2018/06/25 jottasuke

ベビーオイルは思春期ニキビを悪化させるかも!注意して使用しましょう

皆さんは普段、スキンケアの仕上げに何を使っていますか?ベビーオイルを使っているのであれば、注意しましょう。ニキビを悪化させてしまう可能性があります。ここではニキビに効果的なベビーオイルの使い方をご紹介します。

  • 目次

ベビーオイルの基本情報

雑誌などを見ていると「ベビーオイルで美肌!」とか「肌の保湿にはベビーオイルが一番」といった記事を目にすることがあるかもしれません。

ドラッグストアなどに行けば比較的安く購入できるので、皆さん中にも使っている人がいるのではないでしょうか?

しかし、ベビーオイルが実際にどういったものなのか知っている人はごく一握りだと思います。
多くの人はベビーオイルの成分や特徴を知らないまま、「肌に良さそう」というイメージだけで使い続けているのが現状です。

ベビーオイルは、肌に優しい保湿オイルを指します。
製品によって成分が異なり、ミネラルオイルをベースにしたものもあれば、スクワランやイソステアリン酸コレステリルを主成分にしたものもあります。

もともとは赤ちゃんのデリケートな肌を保湿するために作られました。
そのため低刺激で、肌が敏感な人でも安心して使えるという特徴があります。

使い心地は、オイルでありながらさらっとしていて、肌馴染みが良いものが多いです。
基本は無香料ですが、最近はほのかに香りの付いているものもあり、赤ちゃんだけでなく、大人でもスキンケアに使用している人が居ます。

乾燥が原因の思春期ニキビには効果的

一般的に思春期ニキビは、皮脂の過剰分泌が原因でできます。

たくさん分泌されすぎた皮脂が毛穴に詰まり、詰まった毛穴の中で雑菌が繁殖して炎症が起きるとニキビになってしまうのです。

そのため、思春期ニキビを予防・改善するには皮脂の量をコントロールする必要があります。
油分を含む化粧品などの使用は避けることが大切です。

しかし、人によっては、乾燥が原因でニキビができることがあります。
乾燥によってできるニキビは、皮脂の過剰分泌でできるニキビと違い、あごやフェイスラインにできやすいのが特徴です。

肌が乾燥すると、私たちの体は肌を刺激から守るため皮脂をたくさん分泌してバリアを作ろうとします。
結果として、皮脂が過剰になり、毛穴が詰まってニキビになってしまうのです。

肌の乾燥が原因のニキビの場合、肌に潤いを与えてあげることで改善します。
その際のキーアイテムが化粧水の後に使うクリームやオイルです。

ベビーオイルは肌馴染みがよく、ベタつきにくいと言われています。
洗顔後、化粧水で肌を整えたら仕上げにベビーオイルを少し塗ってみましょう。

なお、3日ほど試しても効果が無かったり、ニキビがかえって悪化するような場合は、すぐにベビーオイルの使用を中止して、今まで通りのスキンケアに戻してください。

またニキビがさらに腫れて痛む・熱を持つような場合は、自己流のケアを続けず、早めに皮膚科を受診することが大切です。

思春期ニキビに効果的なベビーオイルの使い方

では、思春期ニキビが気になる場合、ベビーオイルは一切使ってはいけないのでしょうか?

ベビーオイルは、使い方によっては肌に適度な潤いを与えてくれるので、自分の肌の様子を見ながら工夫して使用しましょう。

洗顔料と混ぜる

思春期ニキビに悩む皆さんにおすすめの使い方が「洗顔料と混ぜる」使い方です。

普段使っている洗顔料にベビーオイルをほんの少し混ぜて使ってみましょう。量は、1滴~2滴が目安です。

いつも通りに洗顔料を良く泡立て、そこにベビーオイルを垂らし、馴染ませてから洗顔します。

ベビーオイルによって肌が保湿されるので、洗顔後肌が乾燥して突っ張りにくくなります。

毛穴の詰まりを摂る

ベビーオイルは毛穴の詰まりを取るのにも役立ちます。
毛穴の詰まりが気になる人は、一度試してみてください。

洗顔後、毛穴の詰まりが気になる部分にホットタオルを当て、毛穴を開きます。

毛穴が開いたら、ベビーオイルを1滴~2滴ほど気になる部分に馴染ませましょう。

くるくると円を描くように優しくマッサージすると、毛穴の詰まりが徐々に取り除かれます。

綿棒を使って毛穴ケアをする

ベビーオイルは、綿棒にしみこませて使うこともできます。

1滴~2滴のベビーオイルを綿棒にしみこませたら、毛穴の気になる部分を優しく擦りましょう。

ベビーオイルによって毛穴のつまりが取れやすくなるので、綿棒で軽く押しただけで簡単に角栓を取り除くことができます。

角栓を取り除いた後は毛穴が開いている状態なので、化粧水などで肌を整え、毛穴を引き締めてください。

基本的に思春期ニキビへの使用はお勧めできません

基本的に、思春期ニキビは皮脂の分泌が多くなり、毛穴が詰まることでできます。そのため、スキンケアをする場合はできるだけオイルが含まれていないものを使用するのが理想です。

実際、多くのニキビ専用商品は「オイルフリー」を謳っています。

刺激が少なく、保湿力にも優れたベビーオイルは確かに魅力的なスキンケアアイテムです。
しかし、ニキビが気になる間は、できるだけ使用しないようにしましょう。人によっては、ニキビが悪化してしまう可能性があります。

どうしてもベビーオイルを使用したい場合は、顔ではなく体の乾燥する部分に使用するのがおすすめです。

肘や膝、かかとなど乾燥してガサガサになりやすい部分に塗るようにしましょう。

お風呂上りにベビーオイルを塗ることで、肌を滑らかに保つことができます。

効果がなければ思春期ニキビ専用商品を!

雑誌などでも頻繁に取り上げられているベビーオイルですが、人によってはニキビに効果が無かったり、かえって悪化してしまったりすることがあります。

ニキビを改善するのであれば、ニキビ専用の商品を使うのがおすすめです。

現在はドラッグストアなどでも様々なニキビ専用商品が売られています。
まずは洗顔料と化粧水、保湿アイテムを揃え、しばらく使ってみましょう。

併せて普段の食生活や生活習慣を見直すことも、ニキビ改善には欠かせません。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード