【中学受験を控えた子供を持つ親向け】学年平均点を下回っているお子さん向け塾選びのポイント | チルコレ

[記事公開日] 2018/08/07
erika.saito

【中学受験を控えた子供を持つ親向け】学年平均点を下回っているお子さん向け塾選びのポイント

中学受験を考えているけれど、学校での成績もなかなか上がらない…。
そんなお悩みを抱えた親御さんも多いようです。
成績が低迷しているお子さんには、どのような塾や家庭教師を選べばよいのでしょうか?

  • 目次

集団塾と個別指導塾の違いは?

中学受験を控える子供の親御さんにとっては、どうしても気になる子供の成績。
希望する中学校に確実に合格するために、塾へ通うことを考えている家庭も多いのではないでしょうか?
親世代の塾のイメージといえば、学校のように集団で授業を行うところですよね。
最近は、個別指導塾という塾の形もよく耳にするようになりました。
集団塾と、個別指導塾、何がどう違うのでしょうか?

集団塾


  • 学校のように、決められたカリキュラムに沿って集団で授業が行われる
  • 受験に関しての情報も多く、全国模試などにも積極的なことが多い。
  • 集団の中で切磋琢磨することで、競争意識が芽生え受験へのモチベーションが上がりやすい。
  • 一人ひとりに目が行き届きにくいため、個別のフォローができにくい。

個別指導塾


  • マンツーマン、もしくは生徒2~3人の少人数制で、生徒一人ひとりに合わせたオーダーメイドの授業を受けられる。
  • 少人数のため、理解できないまま授業が進んでしまうことがない。
  • 他の生徒と常に比較されるといったストレスがない。
  • 講師との相性が悪い場合に、変更してもらうことができる。

お子さんのタイプはどっちの塾に行った方がいい?


集団塾と個別指導塾それぞれの特徴はわかったけれど、自分の子どもに合うのはどちら?
せっかく塾に通うのに、成果がなければ意味がありませんね。
子どもの性格や現在の学力によって、集団塾向きか個別指導塾向きか考えてみましょう。

学習塾向きのタイプ


  • 受験を目標に一定のペースで着実に勉強していきたい。
  • これまでの勉強がある程度のレベルで身についており、学習意欲が高い。
  • 負けん気が強く、ライバルがいることでモチベーションが上がる。
  • 積極的で、わからないところは自分で質問できる。
  • 学習習慣を自己管理でき、勉強に多くの時間がとれる。

個別指導塾向きのタイプ


  • カリキュラム通りではなく、自分のペースに合わせて勉強したい。
  • 計画的に学習することが苦手で、勉強に苦手意識がある。
  • 消極的で、自分から質問することに抵抗がある。
  • 習い事などと両立したいため、勉強時間を自由にとれない。
  • 苦手な科目や強化したい科目など、特定の部分を効果的に勉強したい。

一概にどちらに向いているとは言い難いのですが、やはり同じ時間と費用をかけるなら効果的な塾を選んであげたいもの。
子供がどちらの学習方法に向いているのか、よく考えて判断しましょう。

学年平均点を下回っているお子さんの塾選びのポイント

志望校に合格するため、学校の成績を上げるためなど、塾に利用する理由はさまざま。
その中でも、現在のお子さんの成績が学年平均点を下回っている場合、どのような塾を選ぶのが効果的なのでしょうか?

成績が低迷している=学校の授業が理解できていない


学内で成績が平均点を下回っているということは、学校の授業が理解できないと考えましょう。
集団塾では学校と同じレベル、あるいはそれ以上の内容の授業が集団で行われています。
学校の授業で理解できないことは、集団塾でも理解できないまま終わってしまうでしょう。

学習内容を戻ってやり直す必要がある


学校の授業についていけていない場合、基礎の部分が身についていない可能性があります。
授業の内容を暗記するだけでは、本当に内容が理解できているとはいえません。
その場合は理解できていないところは、学習内容を戻ってやり直す必要があります。
カリキュラムに沿って授業が行われている集団塾では、そのような対応は難しいでしょう。

つまづくところは人それぞれ


学校の授業についていけない場合、どこでつまづいているのか。
同じ成績でも、実際には個人差がかなりあります。
小学生では子供自身も、どこがわからないのかわかっていないことも…。
そのようなときには、それぞれの弱点や傾向に合わせた指導をしてもらう必要があります。
このような点を考えると、成績が平均点に届かない子供の場合、集団塾が合わないのは明らかですね。
仲良しの友達が一緒だからというような理由で集団塾を選んでしまうと、学校と同じく授業についていけません。
勉強のためというよりは、友達に会うために塾へ行っているという状態になる可能性が高いでしょう。
そのようなお子さんには、個別指導塾や家庭教師を選んだ方が学習効果が期待できます。

個別指導塾は柔軟性に長けている指導を受ける事ができる!

個別指導の特徴は、授業内容が決まっていないこと。
生徒の理解度や親の要望によってオーダーメイドで、学習内容を決められます。
個別指導塾の強みはなんといっても柔軟性にあるのです。
まだまだ学習意欲が乏しい、自己管理が難しい小学生には、それぞれの状況を把握し、勉強へ誘導してあげなくてはなりません。
個別指導塾では、お子さんの学習の進度や理解度に授業内容を合わせることができます。
これは学校の成績が低迷しているお子さんにとっては、大きなメリットとなりますね。

中学受験個別指導塾ドクター


最短期間で最高の成果を出すことを最優先に考えたこだわり!
(1) 「由緒正しいプロ講師」による指導でなければならない!
(2) 「中学受験専門塾」でなければならない!
(3) 「個別指導塾」の授業形態でなければならない!
中学受験のプロ講師が、一人一人に合わせた戦略で個別指導してくれます。

公式サイトはこちら

家庭教師は自分に合ったペースでできる!

家庭教師のメリットは、お子さん一人ひとりに合ったペースで学習できること。
小学校での学習内容はこれからの学習の大切な基礎。
だからこそ、お子さんの理解できていない部分や苦手なところをしっかり把握しておきたいもの。
家庭教師なら、完全にマンツーマンで一人一人としっかり向き合ってもらえます。
他の習い事との時間の兼ね合いも気にせず、送迎の時間の無駄も省くことができるのも大きなメリットですね。

家庭教師のノーバス


第一志望校合格率95%以上、厳格な採用基準で高いクオリティの教師陣。
小学生コースでは、勉強の習慣づけ、基礎固めから中学受験まで様々なニーズに対応してくれます。
教師だけでなく専任担任(社員、学習プランナー)がつき、成績アップをしっかりバックアップ。
明瞭な料金体系で無料体験授業があるのも安心ですね。

公式サイトはこちら

まとめ

小学校の学習は中学校、高校での学習の基礎となります。
テストの点数に関わらずしっかりと理解できていないと、後々ずっと苦労することになります。
成績アップはもちろんですが、一人ひとりの性格や学習の理解度に合わせて、しっかりと実力をつけてもらいたいもの。
そのためには、お子さんにぴったりの塾や家庭教師を選んで、成果を出せるようにしましょう。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード