ボーンペップで骨を成長させる!知られざる身長を伸ばす栄養素 | チルコレ

[記事公開日] 2018/02/07
[最終更新日] 2018/02/15 SatoNatsumi

ボーンペップで骨を成長させる!知られざる身長を伸ばす栄養素

「ボーンペップ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?骨の成長をサポートし、身長を伸ばすのにも効果的な栄養素として今、大変注目を集める成分です。多くのサプリメントにも配合されていますが、その正体は?知られざる栄養素について迫ります!

  • 目次

ボーンペップとはどんな栄養素?

発見はヒヨコから

鶏が卵を産み、温め始めると何日でヒヨコが生まれるか、ご存知ですか?

なんとその日数は21日。鶏が卵を産んだ直後のたまごの状態は、私たちが食卓で身近に見ているあの卵黄と卵白の状態です。

ところがわずか21日で、あの卵の殻の中で卵黄と卵白からヒヨコの身体は作られ、成長します。考えてみれば、すごいことですよね。

この驚異的な成長のスピードに研究者が着目し、この成長をもたらしているのは卵黄の中のペプチドであることが分かりました。

このペプチドが骨の成長を加速させていることから骨(bone)、ペプチド(peptide)にちなんで名づけられたのがボーンぺップという栄養素です。

骨の成長をサポート

ボーンぺップには骨の成長細胞を増殖させる働きがあります。

人が身長を伸ばすためには骨が伸びることが必要ですが、成長期の子供の骨には骨端線という軟骨部分があります。

ボーンぺップは、この骨端軟骨の細胞分裂や増殖を促進する作用があると言われているのです。

骨密度を高め、骨を強くする

ボーンぺップには骨の密度を高め、骨を丈夫にする働きもあります。

近年はこの働きに着目して、女性に多い骨粗鬆症の予防に、加齢して、弱くなった骨の強度を高めるために中高年向けのサプリメントも多く開発されています。

ボーンぺップのその他の特徴

ボーンぺップの特徴として、酸や熱に強く成分が安定しているということがあります。そのため、サプリメントなどの加工にも適してます。

また健康に害がない成分とされ、過剰摂取の心配がないことから、サプリメントの開発は盛んです。

サプリメントの開発が盛んな理由としては、ボーンヘップが含まれる食材が卵黄のみである、ということもあげられます。

卵黄のみでボーンぺップを多く摂りたいと思うと大幅なカロリーオーバーになりかねません。そこで、サプリメントで効率よく摂取するということが大変注目されているのです。

子供の身長にはどんな効果があるの?

成長期に大いに期待されるボーンヘップの効果

成長期におけるボーンぺップの効果として、大変期待されるのが、骨端軟骨の細胞分裂やの増殖を促進する作用です。

身長が伸びるためには骨の両端にある「骨端線」と呼ばれる軟骨部分が膨張する必要がありますが、その細胞分裂に作用して、増殖することを助けると言われているのがボーンぺップです。

つまり、身長が伸びる素となる部分を増やしてくれる効果があるとされているのです。さらにこの効果はカルシウムと一緒に摂取することで効果を発揮すると言われています。

カルシウムもまた、骨を丈夫にし、成長期には欠かせない栄養素として知られています。カルシウムとボーンぺップを同時に摂ることで、高身長体質に導く効果が期待できると言えるでしょう。

成長期に骨を丈夫にすることの大切さ

骨を強くするカルシウムの働きは、成長期に欠かせないものとして広く知られています。加えて、ボーンぺップという骨の成長をサポートし、骨を丈夫にする働きのある成分を意識的に摂ることは、骨の健康な成長にとても効果的なことです。

子供の時期にしっかりとした骨を作ることは、身長を伸ばすためだけでなく、子供の一生の身体作りを考える上でもとても大切なことです。

なぜなら、大人になってから、丈夫な身体の素ができているかは、子供の頃の身体作りに大きく影響されるからです。

加齢した女性に多いとされる骨粗鬆症も、なる人とならない人がいます。

その理由はやはり根本的な身体作り。農林水産省のホームページ「みんなの食育」では、成長期にしっかりとした骨を作ることは将来の骨粗鬆症予防になるといっています。(※1)

この大切な成長期、大人になってからの身体を支えるにもこの時期にしっかりとした骨作りができていることは大切です。カルシウムとともにボーンヘップで丈夫な骨の土台を作りたいですね。

(※1)農林水産省「みんなの食育」大切な栄養素:カルシウム

ボーンぺップが不足すると成長できない!?

骨の成長を促進し、骨を強くする働きのあるボーンぺップは成長期に子供にとってはぜひ積極的に摂取していきたい栄養ですが、ボーンぺップが不足したらと言って成長できないということはありません。

卵アレルギーがあるなどの理由で、卵を食べることができないお子さんもいらっしゃると思います。ボーンぺップは今のところ、卵黄のみ含まれていることが分かっています。卵黄を食べることができないお子さんが必ず身長が低いということもありません。

子供の成長、身長を伸ばすために欠かせない栄養素として、カルシウム、タンパク質、マグネシウム、ビタミンD、亜鉛があげられますが、これらは不足すると、健康にも明らかに影響が出てきます。

ボーンぺップは卵黄にあり、鶏の卵を驚くスピードでヒヨコに孵化させる働きがあることから、ヒヨコの成長には欠かせない成分ですが、人間の私たちの、骨を作る仕組み、骨を伸ばす仕組みはボーンぺップのみによるものではありません。

ですから、ことさら、ボーンぺップ不足を気にし過ぎることはないでしょう。加齢した女性に多いとされる骨粗鬆症の原因もボーンヘップが不足していることではありません。

しかしながら、加齢により、弱くなった骨を丈夫にする効果が期待できるのはボーンぺップの持つ骨密度を高める、骨を強くする作用です。

ボーンぺップの持つ、骨の成長を促す働き、骨密度を高める働き、骨を強くする働きを上手に生かしていくことが、子供の身長を伸ばすためには効果的と言えます。

身長を伸ばすため、成長期に必要な栄養素などをきちんと理解し、その上で、さらに効果を期待して、ボーンぺップを摂取することが大切なのです。

ボーンぺップの効果的利用のためにも食生活の見直しを

ボーンぺップは、それが不足したからといって、健康に害があるものではありませんが、成長期に摂ることで、骨の生成をサポートし、丈夫にするという働きがあるのは確かです。

そのボーンぺップの効果を十分に感じるためにも、普段の食生活は栄養バランスの取れた食事になっているか、今一度、見直してみましょう。

ボーンぺップはカルシウムと摂ることで、その働きが活性化されると言われています。成長期にはカルシウムの摂取は欠かせません。カルシウムをはじめ、タンパク質、マグネシウム、ビタミンD、亜鉛といった成長期に必要な栄養素を普段の食事でしっかりと摂りましょう。

その上で、ボーンぺップの含まれる卵料理を上手に取り入れていけば、ボーンぺップの効果が期待できますね。

また卵料理以外でも、ボーンぺップを効率よく摂取したいとお考えなら、サプリメントの利用は有効的と言えるでしょう。

まとめ

鶏の卵をたった21日間でヒヨコに孵化させてしまう、驚きのパワーを持つボーンぺップ。その特徴や働きをご理解いただけたでしょうか?

ボーンぺップは不足したからと言って健康に悪影響が考えられるという栄養素ではありませんが、骨を十分に伸ばし、丈夫に育てたい成長期にはぜひ積極的に摂りたい栄養素です。

注目は骨端線の細胞分裂や増殖に働きかけるという作用。カルシウムと一緒に摂ることで、その効果を大いに期待したいですね。

ボーンぺップの効果を期待するためにも、まずは普段の食生活の見直しを。栄養バランスの取れた食事をせずに、特定の栄養素の効果を得ることは不可能です。

ボーンぺップは卵黄にしか含まれていない栄養素なので効率よく摂るためにはサプリメントの利用も有効的です。

成長期に必要な栄養素を理解するにはこちらの記事を

ピックアップ記事

ボーンぺップについてもっと詳しく知りたい方はこちらを是非お読みください。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード