思春期ニキビができたときのメイクの注意点!悪化させずに隠す方法とは? | チルコレ

[記事公開日] 2017/10/13
[最終更新日] 2018/03/15 OshitaRisako

思春期ニキビができたときのメイクの注意点!悪化させずに隠す方法とは?

思春期ニキビができると、恥ずかしくなって周りの目が気になるようになります。早く治すことができれば良いですが、なかなか治すことができません。隠そうとして、逆に悪化させてしまうことも。

そこで思春期ニキビを隠すメイクの注意点、悪化させずに隠す方法を紹介していきます!

  • 目次

ニキビができた時、そもそもメイクをして大丈夫なの?

現在のファンデーションやコンシーラーは昔に比べ進化しており、肌に与える影響が少ないものが増えてきました。肌への刺激が弱いものを使ったり、正しい方法でメイクをしたりすることで、ニキビを悪化させることなく隠すことができるようになってきたのです。

思春期ニキビは、子どもたちが間違った方法や過剰なケアを行うことから悪化することがほとんどです。大人である私たちが正しい方法を教えてあげることが大切ですよ。

思春期ニキビを悪化させないメイク方法とは?

早速、思春期ニキビを悪化させないメイク方法を紹介していきましょう。

1. 油分の少ないファンデーションを選ぶ

ファンデーションを選ぶ時に、なるべく刺激の少ないものを選びましょう。刺激の少ないものとは、油分が少ないものです。現在、ファンデーションにはたくさんの種類がありますが、ノンオイルのものを選ぶのが良いでしょう。

なぜかというと、ニキビの原因となるアクネ菌は、油を栄養とするためです。油分の多いファンデーションをつけてしまうと、ニキビの原因となるアクネ菌のエサを増やしてしまうことになりますね。フェイスパウダーミネラルファンデーション、ルースファンデーションなどが油分の少ないファンデーションです。

ETVOS ミネラルファンデーション スターターキット

クレンジング不要のミネラルファンデーションというものはご存知でしょうか?

ミネラルファンデーションはミネラル(鉱物)でできたファンデーションです。防腐剤・タルク・香料・合成着色料などの成分は含んでいないため肌への負担が少なく、思春期の女の子だけでなくお母様方にもオススメのコスメです。

スターターキットなら下地+ファンデーションとカブキブラシに加えてオンライン注文ならスキンケアサンプルもついてきて送料込みの1800円(税抜)となっております。この機会に試しに使ってみてはいかがでしょうか。

販売サイトはこちら

さらにお肌に優しい万能コスメはこちらの記事でも紹介しています。

ピックアップ記事

2. 化粧下地は使わない

メイクをする前につける化粧下地。化粧下地をつけるとメイクもキレイに仕上がるため使いたくなりますよね。しかし、実は化粧下地にはたくさんの油分が含まれていますので、ニキビが気になるときは化粧下地を使わないようにしましょう。キレイに仕上げたいところですが、ここは我慢して使用するのを控えましょう。

3. 薬用のコンシーラーを使う

目立つニキビを隠そうとして、ついついコンシーラーをしっかりと塗ってしまいがちですが、コンシーラーに含まれる油分はニキビの原因となるアクネ菌の大好物です。

油分が少なく、殺菌作用のある薬用のコンシーラーが市販されていますので、ニキビが気になる人には薬用のコンシーラーをおすすめします。

DHC薬用 アクネケア コンシーラー

 

ニキビだけでなく肌あれも予防しながらも気になるニキビ跡や色ムラをしっかりカバーできる薬用コンシーラーです。肌にぴったりとフィットするので、長時間ヨレないままつけたての美しさを持続します。 テカリ防止パウダーが余分な皮脂を吸収するので、テカリやべたつきを防いで長時間さらさらの肌をキープ。 ニキビが気になって気になって仕方がない、気が滅入ってしまう、そんなことがお子さんにあるのなら、こういった商品を使って気を紛らわしてあげるのもいかがでしょうか?

販売サイトはこちら

4. 厚塗りしない

ニキビを隠そうとすると、どうしてもファンデーションやコンシーラーを厚く塗ってしまいます。厚塗りすることは、肌への負担を大きくします。なるべく負担を少なくするためには、薄く塗ることが大切です。

ニキビ部分にはファンデーションコンシーラーを薄く塗るだけで十分隠すことができますよ。

5. パフを清潔に保つ

ファンデーションを塗る時にはパフを使いますが、パフを清潔に保つよう注意しましょう。パフの見た目や臭いが変化していたり、パフが硬く感じたりしたら汚れている可能性がありますので注意が必要です。

パフの汚れは、アクネ菌や皮脂や汗、ファンデーションの油分などが原因で引き起こされます。アクネ菌はニキビの原因になり、皮脂や汗、ファンデーションの油分はアクネ菌を増殖させる元凶となります。

パフが汚れているということは、肌に雑菌を塗っていると思ってください。それほど怖いものなのです。

パフを清潔に保つためには、パフのお手入れはかかせないものになります。パフ専用の洗剤を使って、毎日洗う習慣をつけましょう。もし頻繁に洗うことができなくても違う面を使うなどの工夫をしてください。

また、洗ったパフを乾かす際に、ただ置いておくだけでは、片面が乾くのに時間がかかってしまい、もう半面に雑菌が繁殖してしまいます。洗濯バサミでしっかりと干すことで、両面一緒に乾かすことが大切です。

隠すだけでなくケアを忘れないで

間違ったメイクの仕方をしていると、ニキビが悪化してしまうので、しっかりと正しい方法を教えてあげましょう。

ニキビをメイクで隠すことができると、ケアを怠りがちになってしまいがちですが、1番はキレイに治すことですからケアもしっかりしていくようにしましょう。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード