【口コミ検証】プラクネを実際に購入しました!気になる効果徹底解説 | チルコレ

[記事公開日] 2018/06/21
erika.saito

【口コミ検証】プラクネを実際に購入しました!気になる効果徹底解説

梅雨が終われば学校でプールが始まったり、海へ遊びに行くという季節になります。

そんな暑い夏は水着を着る機会も多くなるかと思います。女の子にとって肌を露出する時に背中ニキビやニキビが

できていないかどうかは気になるものだと思います。

そこで今回は大人気商品のプラクネを実際に購入し、使ってみたレビューを書いていきます!

  • 目次

どんな人に効果があるの?

 
プラクネ

できてしまったニキビや背中のニキビの跡…。

自分では見えない部分だからこそ、不安を感じてしまっているお子さんは多いかと思います。

プラクネはこんな方達が愛用しています。

  • 背中を触るとブツブツしている
  • 見えない部分だからこそ肌が気になる
  • ムズムズして、1日のうちに何度もかいてしまう
  • 自宅でこっそりケアしたい

プラクネの巷の口コミ

プラクネを実際に購入して検証する前に、まずは筆者の主観ではなく、巷での口コミに目を通してみたいと思います。

良い口コミ、悪い口コミ、どちらも集めました。ぜひ、参考にしてみてください。

良い口コミ

  • オールインワンジェルなので塗り心地が良く伸びも良いです。レモンのようなスッとした香りで気持ちが爽やかになります。患部にたっぷりと塗って寝ると、起きた時にはだいぶ炎症が治まっています。量も多いので使い勝手が良いです。
  • 伸びの良いクリームなので、背中などにも塗りやすいです。ベタつかないのも気に入りました。2度塗りするとしっかり、乾燥から守ってくれてかゆみも出にくかったです。
  • 冬は乾燥でニキビが大量にできてしまうのでこのプラクネでニキビケア、対策をしようと思います。背中を見せるのが恥ずかしくて病院へ行きたくない方などにも凄くおすすめです。

悪い口コミ

  • 私が使ってみてわかったのが、症状の軽いニキビに対しては、素早く効果を発揮しました。ですが、何度も繰り返してきたニキビに対してはやはり即効性を感じにくいです。
  • 背中ニキビが気になるようになってきたのでプラクネを試しに購入して使ってみました。 3週間ほど使用した感じですが、結果はあまり効果が出たとは感じられませんでした。
  • 今のところ毎日、忘れずにお風呂上りにプラクネを使っていますが、背中のニキビがまだあります。 今のところ効果を実感できたなという感じが無いので、継続して使っていけるか心配です。

ニキビのできる人の問題点・原因は?

皮脂の分泌が過剰になっている

皮脂量が多くなることで毛穴が詰まりやすくなります。詰まった内部でアクネ菌が繁殖し、それによって肌はニキビやトラブルを起こしてしまうようです。

油分と水分のバランス

肌は水分と油分のバランスによって潤いが保たれ守られています。このバランスが崩れるとバリアが弱まり肌が硬くなったりトラブルが起こってしまいます。

きちんと洗い流せてない

肌を洗っているのに、シャンプーやリンスの洗い流しがきちんとできていないと汚れが残り清潔に保てなくなってしまいます。その結果、ニキビができやすい環境に繋がるようです。

不規則な生活やストレス

不規則な生活やストレスはホルモンバランスや皮脂の分泌を乱します。また脂肪分の多い現代の食生活も代謝を悪くし肌トラブルに影響しています。

プラクネ式トリプルセパレートケア

インサイドケア

ナノ化して分子を小さくしたヒアルロン酸やコラーゲン等の保湿成分が、肌の奥へ水分を届けます。潤いを保ちながらニキビへ有効成分を届け、健やかな肌を保ちます。

キープモイスチャーケア

通常のヒアルロン酸の2倍の保湿力と言われるスーパーヒアルロン酸が肌表面にたまり潤いを持続させます。空気中の水分量に関係なく肌に一定の水分量を持ち肌なじみが良いので、肌の表面を柔らかく保ちます。相性の良い2種類のセラミドとコラーゲンが潤いや弾力に働きかけます。

バリアスキンテクノロジー

高分子のヒアルロン酸などが肌表面に潤いの膜を作り、皮膚の乾燥を防ぎます。潤いベールが肌を保護し、整えます。美容成分の働きを刺激や乾燥、ニキビの大敵から守ります。

プラクネの成分

5種類のニキビケア

グリチルリチン酸2K

古くから炎症を抑えるために用いられており漢方の原料として知られる甘草の根に含まれる成分です。肌荒れを予防する働きがあると言われており有効成分として配合しています。

天然ビタミンE

合成ビタミンEに比べ効力が高いとされる天然ビタミンE、こちらは保湿や肌のトラブルを防ぐ成分として配合しています。肌をなめらかに導いてくれます。

レモングラス抽出液

インドが原産のススキに似た多年草で化粧品などの成分としてよく用いられています。ニキビや肌荒れから肌を守る成分として配合しており、肌を引き締めるとも言われています。

アロエエキス

アロエには、ニキビ治療に必要な殺菌作用、抗炎症作用に効果があります。また炎症ニキビをしずめてくれる効果があり、ニキビ跡を目立たなくするのに役立ちます。

クロレラエキス

クロレラというのは20数億年前から生息している球形をした河川や湿地などに存在するプランクトンです。このプランクトンにはお肌の乾燥から守るといった美容効果があります。そのため大いに保湿効果が期待できます。

3種類の美白ケア

水溶液プラセンタエキス

美容成分として有名なプラセンタ。美白化粧品などに多く含まれている人気成分でツヤのある肌へ導きます。また、メラニン色素に対するための成分としても期待されています。

アセロラエキス

ビタミンCを非常に多く含み、その量はレモンの約30倍ほどとも言われております。肌を引き締めると共に、柔らかくキメの整った肌に導きます。

カッコンエキス

マメ科のつる性多年草の葛の乾燥した根から抽出されるエキスです。日本でも食材としても使用されていて、近年エキスとして化粧品に用いられています。

3種類の保湿ケア

コラーゲン

バネのような働きで皮膚を支えると同時に肌の潤いを保つ働きをすると言われます。プラクネでは保湿として3種類のコラーゲンを配合しています。

ヒアルロン酸

肌の水分や弾力保持を担う成分で保水力は特に秀でている人気成分です。3種類のヒアルロン酸を配合しています。

セラミド

肌の隙間で潤いや油分を閉じ込め乾燥から守ってくれます。セラミドの減少した肌はバリア機能が弱くなり刺激を受けやすくまります。プラクネでは皮膚を保護する成分として2種類のセラミドを配合しています。

プラクネは期待できるのか

プラクネはニキビやその他肌への美容成分の黄金バランスを何度も調整を繰り返し開発された商品です。またプラクネには優しい無添加にこだわり、合成香料、合成着色料は不使用となっています。総合的にみても大変優秀なニキビケアクリームと言えるでしょう。

しかしながら、その効果については実際に購入し利用方法に最も注目すべきです。

対価な効果を実感されている方は、普段の生活からニキビができる原因である生活習慣の乱れにも気をつけ、お風呂上がりの乾燥してしまう肌の保湿ケアとしてプラクネを使用しています。

その点から、美容成分がたっぷり配合されたプラクネに期待し、日頃の生活習慣から整えスキンケアとして利用するといった使い方であれば、試してみても満足のいくニキビケアクリームと言えるでしょう。

プラクネを実際に購入してみました

早速届きました!

プラクネ本体と「プラクネ初めてBOOK」の2点が入っていました。

「プラクネ初めてBOOK」の中には、ニキビのできる原因を始め、プラクネの美容成分の説明、そしてプラクネ利用者様のお声等が分かりやすくまとめられています。

プラクネ本体も、おしゃれなクリーム容器のようだなといった感じで”SKINCARE”としか書いていないため背中ニキビやニキビで使用しているとは見た目では分かりません。 そのため、ニキビ用のクリームを使っていると知られたくない人にとってはいいと思います。

プラクネを使用してみて

 無香料かと思いきや、ふんわりとオレンジの香りがしました。クリームはベタベタ感はなく、しっとりとした塗り心地で3分ほどで肌に馴染んでしまいました。プラクネは1日に2回塗ることが推奨されていますが、苦にならずに塗ることができると思いました。

プラクネをお得に買うには?

プラクネをお得に買うには公式サイトからの購入が最もお得です。

定期購入コースを利用の場合、初回73%OFFの1800円(+税)で購入できます。2回目以降の購入も5400円(+税)とお得な価格で購入できるうえに、送料無料で180日間の返金保証つきです。また、コンシェルジェのサポート付きですので気になることや悩みなどはお気軽にご相談できます。

プラクネ
 
 

公式サイトはこちら

まとめ

プラクネはニキビやその他肌への美容成分の黄金バランスに特化したニキビケアクリームとなっています。美容成分が多く含まれているのも大変魅力的ですが、より効果を期待するには日頃の生活習慣を整えることも重要です。ニキビケアとしてプラクネを使用するのであれば大いに味方になってくれるでしょう。

もっと多くのニキビケアクリームを比較したい方は以下を参考にしてみて下さい。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード