子供のニキビ跡の原因はこれでした。一刻も早く治すには? | チルコレ

[記事公開日] 2018/04/18
[最終更新日] 2018/05/21 jottasuke

子供のニキビ跡の原因はこれでした。一刻も早く治すには?

ニキビがひとまず落ち着いたころ、お子さんの顔のニキビ跡が気になり始めた親御さんもいらっしゃるかと思います。ニキビ跡は化粧などで完璧に隠すことが難しいものです。一刻も早く治すにはどうすれば良いのでしょうか?

  • 目次

ニキビ跡はどうしてできるのか

思春期になると、多くの人はニキビに悩まされます。

二次性徴に伴うホルモンバランスの変化によって皮脂分泌が盛んになり、ニキビができやすくなってしまうのです。

ニキビは早めに適切な治療を受けることで、改善することができます。
しかし、中にはニキビ跡が残ってしまう人も珍しくありません。

では、どうしてニキビ跡ができてしまうのでしょうか?

基本的にニキビ跡は、ニキビの炎症によるダメージが肌の深い部分にまで達するとできます。

ニキビ跡といっても、いくつかのタイプに分けられるので、まずはそのタイプをご紹介しましょう。

赤みが強く出るタイプ

このタイプは、ニキビの炎症の赤みがそのまま残ってしまっているタイプです。

ニキビ跡の中では比較的軽症で、時間と共に徐々に赤みが引いていく場合がほとんどです。

しかし、炎症によるダメージが肌の奥深くまで達していると、なかなか赤みが消えません。

茶色くなっているタイプ

ニキビによって肌が炎症を受けると、大量のメラニンが作られます。
メラニンは皆さんご存知の通り、シミの原因などになる成分です。

結果として、ニキビ跡が茶色いシミのようになってしまい、目立ってしまうのがこのタイプのニキビ跡です。

ニキビ跡の程度によっては、病院での治療が勧められます。

凸凹クレータータイプ

ニキビ跡の中で最も深刻なのが凹凸のあるクレータータイプのニキビ跡です。

これは、ニキビの炎症が肌の奥深くにある真皮にまで達することでできます。
また、爪でニキビを潰したりすることも原因の一つです。

クレータータイプのニキビ跡は、化粧品やサプリメントなどでのケアが難しいだけでなく、病院での治療も困難です。

できるだけ凹凸タイプのクレーターにならないよう、ニキビができたら早めに専門的なケアを行いましょう。

ニキビ跡を一刻も早く消す方法は?

では、ニキビ跡を一刻も早く消すには、どうすれは良いのでしょうか?
自宅で簡単にできるケア方法はないのでしょうか?

まず、ニキビ跡を一刻も早く消すには、肌の生まれ変わりを促すのが効果的です。

毎日のスキンケアに気を配り、色素沈着タイプのニキビ跡であれば美白化粧品を使うことである程度改善する可能性があります。

もちろん、普段からニキビを作らせない・悪化させないことが重要です。

凹凸タイプのニキビ跡が気になる場合はの場合は、次の化粧品を使ってみましょう。

デコボコニキビ肌用美容液「アクレケア」

アクラケア

「アクレケア」は、凹凸タイプのニキビ跡専用の美容液です。
有効成分として次の成分が配合されています。

  • コケモモ抽出液(美白成分)
  • グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)
  • カムカムエキス(美白成分)
  • 卵殻膜(肌を柔らかくする成分)
  • コラーゲン(ハリツヤ成分)

「アクレケア」ダメージによって傷んだ肌の奥深くまで浸透し、徐々に肌本来の働きを取り戻す手助けをしてくれます。

使い方は簡単で、手のひらに5~6滴ほど取り、凹凸の気になる部分に馴染ませてください。

「アクレケア」を購入する際は、公式サイトの定期コースを利用しましょう。

通常価格は1本30ml入り(約1か月分)で8,000円(税込)ですが、よりお得に購入するのであれば定期コースの利用がおすすめです。

定期コースで申し込むと、1本30ml入りが4,500円(税込、送料無料)で購入できます。
ただし、定期コースは4か月の継続が必要です。

公式サイトはこちら

プロに任せる!ニキビ跡治療方法・費用まとめ

 

自宅でケアを行っても、ニキビ跡の改善には限界があります。そんな時は、専門的な治療も視野に入れましょう。

ニキビ跡の治療は、美容形成外科などで行います。

ケミカルピーリングやレーザー治療などいくつかの方法がありますが、いずれの場合も自費診療なので高額です。

費用に関しては、病院によって大きく異なるため一概に言えませんが、1年で15万程度かかるところもあります。

ケミカルピーリングは、肌に薬剤を塗り、ピーリングを行う方法です。

肌に直接薬剤を塗るため、敏感肌のお子さんやニキビによって肌がデリケートになっているお子さんには適さないことがあります。

ニキビ跡の改善にはレーザー治療も効果的です。

レーザーを肌の深い部分にまで照射して新しい肌が作られるのを促し、凹凸の目立たない素肌へと導きます。

使用するレーザーの種類は病院によって異なるので、まずは治療を受けたい病院で詳しく説明してもらいましょう。

なお、ニキビ跡がケロイドになっていたり、白く盛り上がって肥厚性瘢痕になっている場合は、形成外科の受診を勧められることがあります。

この場合は保険適用になることもあるので、医師の説明をよく聞きましょう。

ケロイドや肥厚性瘢痕は、主にステロイド剤の内服や外用で治療を行います。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード