皮脂の取りすぎが思春期ニキビを増やす!?正しいスキンケアをしろう | チルコレ

[記事公開日] 2018/02/21
[最終更新日] 2018/04/04 jottasuke

皮脂の取りすぎが思春期ニキビを増やす!?正しいスキンケアをしろう

ニキビケア商品の中には「皮脂を抑える」や「余分な皮脂を取り除く」と謳ったものがたくさんあります。しかし、皮脂の取りすぎはかえってニキビを増やす原因にもなるので注意が必要です。ここでは正しいスキンケアの方法を解説します。

  • 目次

思春期ニキビができる原因をおさらい!

中学生になったころから、思春期ニキビに悩まされるお子さんが増えてきます。
親御さんの中にもニキビに悩まされたという方は少なくないのではないでしょうか?

思春期になると、私たちの体は子どもの体から大人の体へと変わり始めます。二次性徴の始まりです。

二次性徴が始まると、男子・女子ともにホルモンバランスが揺らぎやすくなり、皮脂の分泌が盛んになります。この皮脂が、ニキビの原因になるのです。

皮脂がたくさん分泌されると、皮脂によって毛穴がふさがってしまいます。
すると、ふさがった毛穴の中でニキビの原因菌が繁殖し、炎症が起きます。これがニキビの正体です。

ニキビの原因菌は、皮脂が大好物です。
そのため、思春期のニキビ肌を改善するには、皮脂の分泌を抑えることが非常に効果的と言われています。

ドラッグストアなどで売られているニキビケア商品をチェックしてみてください。「皮脂の分泌を抑える」と書かれているものが多くありませんか?

これは、皮脂の分泌を抑えることで毛穴が詰まるのを防いだり、皮脂を餌に菌が繁殖するのを防ぐ効果があります。

皮脂の過剰分泌の原因

では、どうして皮脂の分泌が過剰になってしまうのでしょうか?

皮脂の過剰分泌の主な原因として

  • ホルモンバランスの揺らぎ
  • 生活習慣の乱れ
  • 食生活の乱れ

が考えられます。

ホルモンバランスの揺らぎは二次性徴に伴うものなので、成長と共にホルモンバランスの揺らぎによる皮脂の過剰分泌は落ち着いてくるでしょう。

もし二十歳を過ぎても肌が脂っぽく、額から鼻にかけてのTゾーンや頬にニキビができる場合は、一度皮膚科などで専門医の治療を受けてください。

皮脂は、生活習慣の乱れでも増えます。

例えば夜遅くまで起きていたり、間違ったスキンケアを行っていたりすると、皮脂の分泌が過剰になってしまうのです。

ニキビ肌を改善するためには、生活習慣の改善から始めましょう。
お子さんが夜更かしをしているようなら、早めに寝るように声を掛けてあげてください。

また、正しいスキンケアの方法も教えてあげましょう。

お子さんの中には、ファストフードスナック菓子が好きなお子さんも多いのではないでしょうか?しかし、ファストフードやスナック菓子には、たくさんの脂質が含まれています。

脂質の多い食べ物を食べると皮脂の分泌が多くなるので、お子さんがニキビ肌を気にしているような時は、ファストフードやスナック菓子をなるべく避けるよう伝えてあげてください。

また、普段家で食べる献立は野菜をたっぷり使ったヘルシーな献立にしましょう。

揚げ物や脂の多い肉類を少なくすることで皮脂の過剰分泌を抑えることができます。

皮脂の取りすぎはよくありません

現在、皆さんのお子さんはどんなスキンケアを行っていますか?

「皮脂を取り除かなければ!」と1日に何回も洗顔をしていたり、洗浄力の高い洗顔料を使ったりしていませんか?

もし、そういったスキンケアを行ってもニキビが改善しない場合は、皮脂の取りすぎによってかえって皮脂の分泌が多くなっている可能性があります。

1日に何度も洗顔したり、洗浄力の強い洗顔料を使ったりすると、肌を健やかに保つために必要な皮脂まで落としてしまいます。

すると私たちの体は肌を刺激から守るため、もっと皮脂を分泌するようになるのです。

多すぎる皮脂は確かにニキビの原因になりますが、皮脂を取り除きすぎることもまたニキビの原因になるので、くれぐれも皮脂の取りすぎには注意しましょう。

今日からできる皮脂対策!


では、皮脂を必要以上に取りすぎずにスキンケアを行うには、どうすれば良いのでしょうか?

現在は様々なニキビケア商品が市販されていますが、中でも特におすすめの商品を2つご紹介します。

正しい洗顔方法を身に着ける

ファーストクラッシュ

まずおすすめしたいのが「ファーストクラッシュ」です。

「ファーストクラッシュ」は、肌の洗浄だけでなく保湿・トリートメントまで考えて作られたオールインワンタイプの洗顔料で、これ1本でスキンケアを完了させられることから非常に人気があります。

使い方は簡単で、適量を手のひらに取り、良く泡立てて洗顔してください。
この時、泡立てネットなどを使うと手早く密度の高い泡が作れます。

泡で顔を洗う時は、撫でるように洗うのがポイントです。
ニキビのできている肌は非常にデリケートなので、力を入れて洗わないようにしましょう。

すすぐときは、熱いお湯や冷たい水ではなくぬるま湯を使うと肌への負担が少なくて済みます。

公式サイトはこちら

ピックアップ記事

しっかり保湿する

テアテ

洗顔の後は、肌をしっかり保湿することも大切です。
保湿が十分でないと、肌を乾燥から守るため、皮脂の分泌が増えてしまいます。

おすすめの化粧品は「テアテ」です。
「テアテ」はニキビ肌のために作られた化粧品で、今できているニキビの炎症を抑えるだけでなく、新しいニキビができにくい健やかな肌へと導いてくれます。

とても殺菌力が強いので、ニキビの原因となる雑菌を退治してくれるのも魅力です。

価格は1本100mlで7,500円(税別)ですが、定期コースで申し込むと初回は1本1,980円(税別)、2回目以降は4,980円(税別)で購入することができます。

公式サイトはこちら

ビタミンBを摂る

ニキビ用の化粧品を使ってスキンケアを行うだけでなく、サプリメントなどを利用してビタミンBを補うのも思春期のニキビケアには有効です。

ビタミンBには皮脂の分泌をコントロールしてくれる働きがあるので、ぜひ積極的に利用しましょう。

まとめ

ニキビケアというと「皮脂を取り除くこと」に力を入れがちですが、皮脂を取り除きすぎても、ニキビができやすくなってしまいます。

ニキビケア商品ビタミンBのサプリメントなどを活用し、皮脂の分泌を適度にコントロールすることでニキビのない健やかな肌を目指しましょう。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード