中学生のニキビはスキンケアが重要!「洗顔」と「保湿」で治そう | チルコレ

[記事公開日] 2018/03/13
[最終更新日] 2018/04/04 yuri2309

中学生のニキビはスキンケアが重要!「洗顔」と「保湿」で治そう

中学生の多くが頭を悩ませる思春期ニキビ。自然に治るからと放っておくと、どんどん悪化してしまうこともあるのです。早く治すには実は「洗顔」と「保湿」のスキンケアが重要です。正しいケアで思春期ニキビに悩まない肌を目指しましょう。

  • 目次

中学生のニキビケアに「スキンケア」が大事な理由

ニキビがなかなか治らない、とお困りのお子さんはもしかすると誤ったニキビケアをしている可能性があるかもしれません。

そもそも思春期ニキビは、成長ホルモンによって皮脂の分泌が過剰に出てしまい、毛穴が詰まってしまうことで発生します。成長ホルモンとは、その名の通り人の成長を促すための大切なホルモンで、13〜17歳が分泌のピークと言われています。この時期に思春期ニキビで悩むお子さんが多いのは、この成長ホルモンが大きく関わっているからなのです。

そのため、余分な皮脂を洗い流そうと一日に何度も洗顔をしたり、ニキビがあるからと化粧水や乳液などの保湿をせずスキンケアを怠っていませんか。

実はそこが大きな間違いなのです。

洗顔をしすぎてしまうと、元来肌を守ってくれている皮脂まで奪われてしまい、肌はバリア機能を失います。それを補うためにさらに大量の皮脂が分泌され、今まで以上にニキビができやすい肌になってしまうのです。さらに顔をゴシゴシと摩擦してしまうことで、ただでさえ弱っている肌に刺激を与えてしまうことにもなりかねません。

また、思春期ニキビには乾燥も大敵です。乾燥した肌は皮脂によるバリア機能が無いため、ほこりや汚れが付着するとそれがそのままニキビの原因となってしまうのです。

また、乾燥肌は正常にターンオーバーが行われず、古い角質が肌に溜まり毛穴を塞いでしまうこともあります。それによって少しの汚れや刺激でもニキビになりやすくなるのです。

つまり、過剰な洗顔や、正しい保湿をしないでいると思春期ニキビがよりできやすい肌になってしまうのです。

まとめると

乾燥による思春期ニキビの要因
  • 過剰な皮脂の分泌
  • 肌のバリア機能の低下
  • 古い角質による毛穴のつまり

このようなことから、早くニキビを治したいのであれば、正しい知識でニキビケアを行うようにしましょう。

中学生のニキビに効果的な洗顔料の選び方

それでは、思春期ニキビにおすすめな商品を選ぶポイントをお伝えします。

有効成分配合

サリチル酸イオウなどの有効成分は硬くなってしまった角質を柔らかくし、菌の繁殖を防いでくれる効果があります。ニキビを早く治すためにも、成分表記は必ず確認してから購入するようにしましょう。

無添加・低刺激

ただでさえ刺激に弱いニキビ肌には出来るだけ無添加のものを選ぶようにしましょう。また、スクラブなどが入っているタイプは、刺激が強いためニキビを悪化させてしまうこともあります。

固形石鹸

様々なタイプの洗顔料の中でも、固形タイプは最も添加物が少なく低刺激です。また、最低限の油分で作られるため、洗い上がりもサッパリとしており、ニキビ肌にはぴったりです。ただし、きちんと泡立てから使うようにしましょう。

ここで、これらのポイントをふまえてニキビ肌におすすめな洗顔料をご紹介します。

刺激のある成分は無添加!「Non A.(ノンエー)」

ノンエー

ニキビに悩む声をあつめて、ニキビの治療のためだけにつくられた洗顔石鹸です。

有効成分がふんだんに使われており、なおかつ肌に害になる成分は無添加なので、安心して使うことができます。肌に優しくアプローチして、皮脂を取りすぎることもないので、『皮脂の取りすぎ→皮脂の過剰分泌→ニキビ発生』という悪循環を断ち切ることができます。

この商品について詳しく見る

保湿の重要性

また、洗顔と同じくらい大切なのが保湿です。せっかく正しく洗顔ができても、その後保湿をしなければ肌はどんどん乾燥していってしまうのです。とはいえ、ニキビ肌にはどんな保湿剤でも良いのかといえばそうではありません。

きちんとニキビ専用のものを使うのが良いでしょう。

ビタミンC誘導体配合でニキビを治し、できにくい肌に!「シーボディ」

シーボディスターターキット

シーボディの一番の特徴は、今できているニキビを治すことだけでなく、ビタミンC誘導体を配合し肌質を改善してニキビのできにくい肌にしてくれる点です。ビタミンCには活性酸素を除去する効果があり、それによって菌の繁殖を抑え、炎症がひどくなるのを防いでくれます。また、色素沈着してしまったニキビ跡にもビタミンCは効果的です。

その他にも様々な植物エキスを配合しており、しっかりと肌に潤いを与えニキビの炎症を鎮めてくれるのです。

「シーボディ」シリーズには洗顔料・化粧水・美容液・クリーム・ボディミストがあり、いずれのアイテムも低刺激でニキビでダメージを受けた肌にも安心して使うことができるでしょう。

この商品について詳しく見る

絶対にニキビを「潰さない」「触らない」

ここまでで、基本のニキビケアについてはお分かりいただけたと思います。そして、もう一つ大事なニキビケアは、できてしまったニキビは絶対に「潰さない」「触らない」ことです。

ニキビを自分で潰すと炎症が悪化する!

炎症を起こしたニキビは、毛穴の奥に細菌が繁殖して膿をもち腫れています。それを自分の手や爪で潰すと周辺の皮膚を傷つけそこから雑菌が入ってしまい、炎症を悪化させてしまいます。

またつぶした後のケアが不適切で肌の真皮にまでダメージが及ぶとクレーター状の跡になってしまうことも。自分では絶対につぶさず、どうしても気になるようであれば、皮膚科を受診し相談するのが良いでしょう。

ニキビに触ってもニキビを刺激して悪化させてしまう!

顔にできてしまったニキビはとにかく気になるもの。ついつい髪の毛で隠そうとしたり、手で触ってしまいがちですが、髪や雑菌のついた手で触れることは肌にとって刺激となりニキビをより悪化させてしいます。ニキビを早く治すためには、極力触らないことが鉄則です。気になってしまうときは、ニキビ専用のンシーラーミネラルファンデーションなどで目立たなくするのもおすすめです。

また、ハンカチやタオル、枕やシーツも肌に直接触れるものなので、できるだけ清潔に保つように心がけましょう。

思春期ニキビには正しい洗顔と保湿を!

いかがでしたか。思春期ニキビにはいかに「洗顔」と「保湿」が大切かお分かりいただけましたでしょうか。正しいスキンケアでお子さんをサポートして、ニキビのないすべすべなお肌を目指しましょう。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード