高校生が食事で身長を伸ばす方法まとめ!簡単レシピご紹介 | チルコレ

[記事公開日] 2017/12/07
[最終更新日] 2018/08/09 ShinozakiYu

高校生が食事で身長を伸ばす方法まとめ!簡単レシピご紹介

高校生になってから身長が伸びなくなったと悩んだり、もう身長は伸びないと諦めているお子さんも多いのでは?しかし、高校生は成長期の最終段階でまだ身長が伸びる可能性があります。身長を伸ばすために、食事から必要な栄養を摂り身長を伸ばしましょう!

  • 目次

身長を伸ばすために必要な五大栄養素

身長を伸ばすためにはどんな栄養が必要かご存知ですか?

身長を伸ばす=骨を伸ばす」ことなので身長を伸ばしたい場合、骨を伸ばす効果のある栄養を摂ることがポイントです。骨を伸ばすために必要な栄養素いうとまず思いつくのが「カルシウム」ですが、実はカルシウム自体には骨を伸ばす作用がありません。そのため身長を伸ばしたければ、これからご紹介する五大栄養素をカルシウムと一緒にバランス良く摂ることが重要です。

身長を伸ばす五大栄養素とは?

5つの栄養素について簡単にご紹介します。

1.カルシウム

カルシウムは硬く、そして強い骨を作る働きがあります。カルシウムが不足していると骨が弱くなり骨折しやすかったり、大人になってから骨粗鬆症になりやすくなるため、高校生の時期でも牛乳やチーズ、小魚などからカルシウムを摂るように心がけましょう。

2.たんぱく質

実は身長を伸ばすためにはカルシウムよりもたんぱく質が大事で、五大栄養素の中で最も重要な栄養素です。たんぱく質は骨の芯であるコラーゲンを作る材料で、私たちの骨を作るためには欠かせません。また、たんぱく質には身長を伸ばすために欠かせない成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。お肉お魚大豆製品乳製品などからたんぱく質をなるべく毎食摂るように心がけるようにしましょう。

3.マグネシウム

マグネシウムは体への吸収率が悪いカルシウムの吸収を促す働きがあります。マグネシウムが不足してしまうと、せっかく摂取したカルシウムが溶け出してしまう体に吸収されにくくなります。そのためマグネシウムを一緒に摂ることでカルシウムがスムーズに体に吸収されやすくなります。カルシウムとマグネシウムは2:1のバランスで摂取することが理想とされているので覚えておきましょう。

4.ビタミンD

ビタミンDは体内に吸収されたカルシウムを骨まで届ける働きがあります。ビタミンDが不足してしまうと、骨にカルシウムが届かず、骨の組織が形成されにくくなります。そのため、しっかりとした骨を作るためにはビタミンDの摂取は欠かせません。

5.亜鉛

意外と知られていませんが、亜鉛は身長を伸ばすためには大切な栄養素です。亜鉛は遺伝子を作る酵素の活性化したり、たんぱく質の働きを助け成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。亜鉛が不足してしまうと、たんぽく質が上手く合成されず身長が伸びずらくなるため積極的に摂取するようにしましょう。

ピックアップ記事

高校生が取り入れやすい食事方法は?

高校生になると外で食事をする機会が増えたりするなどで栄養バランスが乱れがちになりやすくなります。しかし高校生の時期はまだ成長期の時期で大人よりも多くの栄養が必要です。そして身長を伸ばすためにも栄養をしっかりと摂る必要があります。

ここでは上記で紹介した五大栄養素を含む食材オススメの食事方法などについてご紹介します。

栄養価の高い食材と取り入れやすい調理方法

さきほどご紹介した5つの栄養素ですが、どんな食材に豊富に含まれているかご存知ですか?実はこれらの栄養を多く含んでいる食材はたくさんあります。

1.カルシウム

カルシウムは一般的に牛乳ヨーグルトチーズなどの乳製品わかめ小魚えびなどの海産物納豆油揚げ豆腐などの大豆製品小松菜チンゲン菜などの野菜類に含まれています。

カルシウムの吸収率が最も高いのは牛乳などの乳製品なので、1日1回は乳製品を摂るように心がけましょう。手軽に飲める牛乳もオススメですが、そのまま飲むのは苦手という人もいると思います。その場合、クリームシチューグラタンタンドリーチキンチーズカツなど乳製品を使った料理からカルシウムを摂るようにしましょう。

2.たんぱく質

たんぱく質は豚肉牛肉鶏肉などの肉類マグロサンマなどの魚類豆腐納豆などの大豆製品、その他にも乳製品に多く含まれています。

たんぱく質が多い食材の中でも高たんぱく質な食材と言われているのが、ささみ鶏むね肉豚ヒレ肉しらす干しいわし卵黄などです。ささみや豚ヒレ肉は油であげてカツにしたり、しらすと納豆と卵黄を混ぜてご飯にかけるだけで栄養満点の丼が出来上がります。たんぱく質の多い乳製品と卵は1日1回は食べて、大豆製品やお肉やお魚は1〜2日置きに食べるようにするのがオススメですよ。

3.マグネシウム

マグネシウムは大豆いんげん豆落花生などの豆類アサリ牡蠣カツオなどの魚介類に多く含まれています。マグネシウムの多い豆腐はひき肉と混ぜて豆腐ハンバーグにしたり、アサリの酒蒸しカツオのたたきなど魚介類からもしっかりと摂ってあげましょう。

ピックアップ記事

4.ビタミンD

ビタミンDはしいたけしめじきくらげなどのキノコ類いわしサンマなどの魚類に多く含まれています。ビタミンDの多いキノコは鮭と一緒にホイル蒸しちゃんちゃん焼きにしたり、ひき肉を詰めてしいたけの肉詰めはさみ揚げにしてもいいですね。

ピックアップ記事

5.亜鉛

亜鉛は牡蠣ホタテあさりなどの魚介類赤身のお肉レバーなどの肉類納豆豆腐きなこなどの豆類に多く含まれています。亜鉛の多い牡蠣やホタテなどの魚介類はフライにしたり、レバーや赤身のお肉は串焼きにしたりレバニラ炒めにしてあげると食べやすくなりますね。

ピックアップ記事

いかがでしたか?

どの食材も普段スーパーで売っていたり、調理しやすいものばかりでよね。ぜひご紹介した食材を使って、積極的に栄養を摂取してあげましょう。5つの栄養素の食材を組み合わせて自分なりにアレンジして作るのもいいですね。

食事のタイミング

身長を伸ばすためには、成長ホルモンをしっかりと分泌されてあげることが大切です。成長ホルモンは食事をしている間にも分泌されますが、効果的にホルモン分泌させるには食事をするタイミングも重要です。実は成長ホルモンの分泌を促すためには、「食事は空腹状態の時にする」ことが大事なんです。

ちょこちょこお菓子を食べたり、間食を摂ってばかりいると空腹状態にならないため、栄養バランスの取れた食事を摂っても成長ホルモンの分泌が充分に行われません。そのため、間食やお菓子の食べすぎを控え、食事の時間にはしっかりとお腹が空いている状態にしておくことが大切です。

簡単にマネできる!身長を伸ばす料理レシピ


最後に誰でもマネできる簡単なレシピを2つご紹介します。

エビとあさりのクリームチャウダー

クリームシチューやグラタンなどに飽きてきたら、魚介類を使ったクリームチャウダーはいかがですか。作り方は簡単です。

作り方
  1. じゃがいも、人参、玉ねぎを小さくさいの目切りにする。
  2. アサリは砂抜きをして、白ワイン(酒)で蒸し煮にしておく。(あさりの水煮缶でも代用できます)。
  3. エビは背わたを取り、水でよく洗い4等分に切る。(お好きな他の魚介類を加えてみてOK)
  4. 鍋にバターを溶かし、1の玉ねぎと人参を入れ炒めていき、ある程度炒まったらじゃがいもを加え炒めていく。
  5. 一度火を止めて、小麦粉を振り入れ粉っぽさがなくなるまで炒めたら、コンソメと水、えびを加え野菜がやわかくなるまで煮込んでいく。
  6. とろみが出てきたらあさりの身と牛乳を加え、焦がさないように弱火でゆっくり火を通していく。
  7. 一煮立ちしたら塩胡椒で味を整えて出来上がり。

豆腐とひじき入りハンバーグ

ひき肉だけのハンバーグも美味しいですが、豆腐やひじきを加えるとヘルシーで栄養満点です!

作り方
  1. 豆腐はキッチンペーバーで包みレンジか重しで水切りしておく。
  2. ひじきを水で戻し、玉ねぎはみじん切りにしておく。(ひじきの煮物があれば、それを使ってもオススメ)
  3. ボールに鶏ひき肉と卵を加え、粘りが出るまで良く混ぜる。
  4. 水切りした豆腐とひじき、玉ねぎを加えさらに良く混ぜる。
  5. 形を整えたら、油を熱したフライパンで両面こんがりと焼いていく。(片面焼けたらひっくり返して、蓋をして弱火〜中火で蒸し焼きにする)
  6. 焼き上がったら、大根おろしと大葉をのせて出来上がり。

栄養の偏りが気になったらサプリメントの活用も

普段の食事から栄養を摂るのは大切ですが、偏食、アレルギーがあるなど、充分に食事から摂れない場合は、サプリメントの活用も考えてみましょう。

子供の成長用のサプリメントが近年増えていますが、成分や内容にも注目して選ぶようにしてください。身長を伸ばすのに必要な栄養素が含まれているかはもちろん、原材料や添加物の有無はチェックしたいポイントです。

普段の食事でとりきれない栄養も簡単にとれるサプリメントはこちら!

伸び盛りの成長期を応援!「トータルテンアップ」

plus10up

公式サイトはこちら

ほかにもおすすめのサプリメントをこちらの記事で紹介しています。

ピックアップ記事

まとめ

いかがでしたか?

栄養と聞くと難しく考えてしまうかもしれませんが、基本的にバランスの取れた食事をしていればしっかりと栄養は取れているので心配ありません。身長を伸ばすための食材(栄養)も、手軽に取り入れやすいものばかりなので、お子さんが身長の低さに悩んでいたら、一度普段の食事を見直し栄養が足りていないかお子さんと一緒に確認してみてください。高校生は成長期の最終段階!

身長を伸ばすために必要な栄養素をしっかりと摂ることで高校生でもまだまだ身長を伸ばせることができるので、諦めずに続けていきましょう。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード