思春期ニキビは徐々に減そう!頑張らずに思春期ニキビを治す方法 | チルコレ

[記事公開日] 2018/03/20
[最終更新日] 2018/04/04 yuri2309

思春期ニキビは徐々に減そう!頑張らずに思春期ニキビを治す方法

ただでさえ自分の容姿が気になる中高生にとって、思春期ニキビは最大の敵。ただ早く治そうとあの手この手と試しているうちに悪化してしまうことも少なくありません。

焦る気持ちをぐっと抑えて、頑張らない思春期ニキビケアを始めませんか。

  • 目次

思春期ニキビを減らすコツは「頑張りすぎないこと」

長期にわたって思春期ニキビに悩まされていると、「こんなに頑張っているのに、どうして治らないんだろう」と投げやりな気持ちになってしまっている人もいるでしょう。

実は思春期ニキビを早く治すコツの一つに「頑張りすぎないこと」があります。力を入れるポイントを間違えることが思春期ニキビを悪化させる原因となってしまうからです。

ではどんなことが間違ったポイントなのでしょうか。一緒に見ていってみましょう。

洗顔のし過ぎ

思春期ニキビの原因となる皮脂を徹底的に除去しようと、1日に何度も顔を洗っていませんか。

肌は本来肌表面の水分と皮脂が混ざり合って、外部の刺激から肌を守っています。洗顔をし過ぎることでバリア機能が崩れると、外部からの刺激を直接受け、思春期ニキビの原因に。

繰り返し洗顔をすることで乾燥が進むと、肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されるという悪循環も生まれてしまいます。

思春期ニキビをつぶす

「思春期ニキビはつぶした方がニキビの範囲が広がらない」と勘違いしている人もいますが、それは間違いです。

皮脂が毛穴に詰まってまだ炎症を起こしていない状態の白ニキビでも、無理やりつぶして指や外部からの雑菌が入ることで炎症を起こしてしまいます。治療が難しいニキビ跡の原因ともなりますので、絶対やめてくださいね。

思春期ニキビに対するストレス

「思春期ニキビが治らない」とイライラすること、悲観に暮れること、それもまた思春期ニキビを増やす要因になっています。

ストレスを感じると男性ホルモンが分泌され、肌を硬くします。肌が硬くなると角質が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなります。男性ホルモンは性別関係なく分泌されるものなので、「女子でも男性ホルモンの影響を受ける」ということも合わせて知っておきましょう。

思春期ニキビは「洗顔・保湿」で減らす

洗顔のし過ぎは思春期ニキビの原因となりますが、全くしなくてもいいというわけではありません。1日2回朝夕の洗顔を正しく行い、余分な皮脂や汚れを取り除くことは、思春期ニキビケアの要。肌のバリア機能を高めるため、洗顔後の保湿も欠かせません。

思春期ニキビを改善するためには、まず正しい洗顔と保湿を続けることから始めましょう。

~正しい洗顔方法~

1.手を洗う

指についた雑菌は思春期ニキビの原因に。しっかり丁寧に手を洗うことが大切です。

2.まずはぬるま湯で洗顔

洗顔をする際、引き締め効果がある詰めいた水や乾燥を招くお湯の使用は控えましょう。皮脂や汚れを浮き上がらせてくれる32度前後のお湯がベスト。やさしく肌にお湯を当てる感覚で洗ってください。

3.泡で洗顔

肌を傷つけることなく毛穴の奥の汚れを除去するため、きめ細かな泡を作ります。皮脂の多いTゾーン⇒Uゾーン⇒目や口の周りの順に泡をのせて、指先で円を描くようにやさしく洗います。

4.念入りにすすぐ

洗顔料のすすぎ残しも思春期ニキビの原因になってしまうので、泡やぬめりが残らないようしっかりすすぎましょう。こめかみや髪の生え際などは特に注意してくださいね。

5.清潔&やわらかいタオルでドライ

清潔で柔らかい生地のタオルでやさしく抑えるような感じで、肌表面の水分を取り除きます。

お薦め洗顔料 泡立て不要の楽ちんケア「ファーストクラッシュ」

ファーストクラッシュ

洗顔料を泡立てるには結構時間がかかります。朝の忙しい時間帯や学校から帰ってきて疲れている時にはちょっと苦痛ですよね。そこで泡立て不要のファーストクラッシュをお勧めします。

しかも1本で洗顔・化粧水・乳液の役割を果たしてくれる、スーパー洗顔料。いろいろそろえなくていい点も経済的でうれしいですね。

ピックアップ記事

~十分な保湿が肌をを強く健やかに~

思春期ニキビの原因となる刺激や乾燥を防ぐため、保湿を大切にしましょう。スキンケアアイテムは多数ありますが、思春期ニキビケア専門商品が望ましいです。

お勧め化粧水 化粧しながらケア!24時間の保湿を可能にした「テアテ」

テアテ

思春期の大人になり切れていない敏感肌には、テアテのように添加物が少ないものが最適。さらっとした使い心地も好評です。「2018 ミスユニバースジャパン GIFU」の公式化粧品に選ばれるなど、思春期ニキビケアとしてだけでなく、美肌を求める方にも認められた商品です。

保湿効果を高めるため、同シリーズのBBクリームを併用することで、24時間連続した思春期ニキビケアが叶いますよ。

ピックアップ記事

思春期ニキビは「毎日の食生活」で減らす

皮膚は食生活に大きく影響されます。長引く思春期ニキビに悩まされている人は、毎日の食生活を見直すことも大切。

揚げ物やケーキ・スナック菓子などのお菓子、ファストフードなどは極力避けましょう。スーパーの惣菜や外食が多い家庭では、特に野菜を多くとるよう心がけてください。

また一見関係がないようですが、ダイエットも思春期ニキビの原因に。カロリーのことを気にするあまり食事の量を減らしたり、偏った食事をとっていたりすると、栄養分が肌に行き渡りません。肌への影響を考えながらバランスよく食べましょう。

新陳代謝を促すビタミンB群(ウナギ・納豆・レバー・のり・卵・ヨーグルトなど)や傷ついた肌を修復してくれるビタミンC(ブロッコリー・レモン・キウイ・イチゴ・ほうれん草など)は思春期ニキビケアの一環として積極的に摂取したい食材です。

食生活が改善されると思春期ニキビに悪影響を与えるとされる便秘も解消されるはず。食物繊維をしっかり取って、お腹も肌もすっきりさせたいですね。

思春期ニキビは「ゆっくり寝て」減らす

睡眠不足が続くと肌の調子が良くないと感じませんか。睡眠不足によって自律神経が乱れると、皮脂の分泌を助ける男性ホルモンが過剰に分泌され思春期ニキビにつながってしまいます。

肌は眠っている間に修復され、新しい皮膚が作られるのですが、十分な睡眠がとれていない状態が続くと肌の修復機能が正常に働きません。肌の表面上に残った古い角質や皮脂のつまりも思春期ニキビの原因となります。

ある統計データによると、中高生・大人にかかわらず睡眠時間が長い人の方がニキビに悩まされておらず、特に15歳~18歳の高校生を対象にした調査によると、睡眠時間8時間以上の場合思春期ニキビの発症率が約20%となっているのに対して、睡眠時間6時間以下の場合には約50%と倍以上に増えていました。

勉強や部活にと忙しい中高生にとって、8時間以上の睡眠時間を確保することは難しいかもしれません。せめて6時間以上の睡眠時間を確保し、睡眠の質を下げるカフェインの摂取や、パソコンやスマホの使用も寝る前には避けたいですね。

まとめ

思春期ニキビのケアに関して書いてきましたが、ストイックになりすぎるとそれもまたストレスに。「早く寝なさい」「野菜を食べなさい」と親にうるさく言われて従う子供なんていません。

大好きなチョコレートをゼロにするのではなく、量を減らす・毎日ではなく3日に1度にするなど「頑張りすぎない方法」をお子さんと一緒に考えるのもいいかもしれませんね。

1日2日では結果は出ませんが、ゆっくりじっくりと思春期ニキビケアに取り組んでください。お子さんの気持ちに寄り添うことで、ちょっと難しい思春期の親子関係も少し楽に乗り越えられるはずです。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。

アクセスランキング

編集部おすすめ

人気のキーワード